Rakuten infoseek

辞書

下水【ゲスイ】

デジタル大辞泉

げ‐すい【下水】
住宅の台所・風呂場や、工場などから流れ出る汚れた水。⇔上水
下水を流す下水道下水管

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

した‐みず〔‐みづ〕【下水】
物の陰や下を流れる水。
「岩間とぢし氷も今朝はとけそめて苔の―道もとむらむ」〈新古今・春上〉
漢字の一。「」などの「氺」の称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

下水
 家庭工場から排出される水,集められた雨水など.下水道と同じ意味に使われることもある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げすい【下水】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げすい【下水】
家庭や工場から捨てられる汚水や廃水および雨水。 ⇔ 上水
下水を流し去る設備。下水道。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

したみず【下水】
物の下を流れて行く水。内々に心に思うことのたとえにも用いる。下行く水。 汲みて知る人もあらなむ夏山の木の-は草がくれつつ/後拾遺 恋一
漢字の脚の一。「泰」「暴」などの「⺢」の部分。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げ‐すい【下水】
〘名〙
① 台所や風呂場などから流れる水や、よごれた雨水。また、工場などの排水をもいう。⇔上水。〔運歩色葉(1548)〕
② ①を流すように作ったみぞ。または、暗渠(あんきょ)。下水道。⇔上水
※正宝事録‐慶安元年(1648)二月二一日「下水并表之みぞ滞なき様に所々に而こみをさらへ上け可申候」
③ 茶の道具で、茶碗を洗った水などを入れておくもの。また、その中の水。水こぼし。建水。〔大乗院寺社雑事記‐文明七年(1475)一一月二四日・維摩会講師方条々〕
④ 月経をいう俗語。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

した‐みず ‥みづ【下水】
〘名〙
① 物陰を流れる水。表面にあらわれないで物の下を流れる水。和歌などで、多く、ひそかに心に思うことの比喩として用いる。
※後拾遺(1086)恋一・六〇五「木葉散る山の下水うづもれて流れもやらぬものをこそ思へ〈叡覚〉」
※千載(1187)春上・二「みむろ山谷にや春の立ぬらん雪の下水岩たたくなり〈源国信〉」
② 漢字の脚の一つ。「泰」「暴」などの「氺」の部分をいう。この脚をもつ字の大部分は、字典で水部に属する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下水」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下水の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.