Rakuten infoseek

辞書

下村脩【しもむらおさむ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

下村脩
しもむらおさむ
[生]1928.8.27. 京都
アメリカ合衆国在住の有機化学者,海洋生物学者。ボストン大学名誉教授。1951年長崎医科大学附属薬学専門部を卒業後,同大学助手,名古屋大学理学部研究生を経て,1960年理学博士号を取得。プリンストン大学研究員,名古屋大学理学部助教授などを務め,1982~2001年アメリカのウッズホール海洋生物学研究所上席研究員。名古屋大学で平田義正に学び,1957年ウミホタルの発光にかかわる物質(ルシフェリン)を結晶化し,その構造を解明した。1960年にフルブライト奨学金を得てアメリカに留学,プリンストン大学のフランク・ジョンソン教授とともにオワンクラゲの発光機構についての研究に取り組む。1962年カルシウムで青色に発光する蛋白質イクオリン,青色光を緑色光に変換する緑色蛍光蛋白質 GFPを発見,その構造を解明した。その後,GFPは生命科学の研究に不可欠な道具として使われている。この功績により 2008年,コロンビア大学教授マーティン・チャルフィー,カリフォルニア大学教授ロジャー・Y.チェンとともにノーベル化学賞を受賞した。同年文化勲章も受章。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しもむら‐おさむ〔‐をさむ〕【下村脩】
[1928~ ]生物学者。京都の生まれ。昭和37年(1962)オワンクラゲの発光の仕組みを解明し、その過程で発光物質イクオリンGFP(緑色蛍光蛋白質)の抽出に成功。平成20年(2008)ノーベル化学賞受賞。同年、文化勲章受章。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

下村脩 しもむら-おさむ
1928- 昭和-平成時代の有機化学者,海洋生物学者。
昭和3年8月27日生まれ。名大助教授,プリンストン大上席研究員などをへて,昭和57年ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員。ウミホタル,オワンクラゲなどで生物発光の研究をし,緑色蛍光タンパク質(GFP)を発見。このGFPの遺伝子をつかった蛍光マーカーが生命科学の飛躍的発展につながった。平成19年朝日賞。20年「緑色蛍光たんぱく質(GFP)の発見と開発」で,マーティン・チャルフィー,ロジャー・Y・チェンとともにノーベル化学賞を受賞。同年文化功労者,文化勲章。京都出身。長崎医大附属薬学専門部(現長崎大薬学部)卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵mini

下村脩
生物学者。1928年、京都府生まれ。長崎医科大学附属薬学専門部(現・長崎大学薬学部)を卒業後、60年に名古屋大学理学部で博士号を取得。同年、米プリンストン大学に留学し、紫外線を受けると発光する「緑色蛍光たんぱく質(GFP)」をオワンクラゲの体内から見つけ出して分離することに世界で初めて成功した。その後、名古屋大学助教授を経て、プリンストン大学上席研究員、米ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員、米ボストン大学名誉教授などを歴任した。2008年、GFPの発見が細胞中のたんぱく質を生きた状態のまま観察する技術の開発につながり、医学や生命科学に大きな発展をもたらしたとしてノーベル化学賞を受賞。同年に文化勲章を受章し、09年からは名古屋大学名誉教授も務めた。18年10月19日、老衰で死去。享年90。
(2018-10-23)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

下村脩
しもむらおさむ
(1928― )
日本の海洋生物学者。長崎医科大学付属薬学専門部(現、長崎大学薬学部)卒業。名古屋大学理学部有機化学研究生、長崎大学薬学部助手を経て、名古屋大学で理学博士号取得。プリンストン大学研究員、ウッズ・ホール海洋生物学研究所上席研究員、ボストン大学客員教授、同名誉教授。2008年(平成20)、「緑色蛍光タンパク質(GFP=Green Fluorescent Protein)の発見と開発」によってチャルフィー、チェンとともにノーベル化学賞を受賞した。同年文化勲章受章。
 波間に漂う直径10~20センチメートルのオワンクラゲの縁は緑色に発光している。下村は、この発光物質を抽出、分離するため、アメリカ西海岸ワシントン州の海岸で大量に捕獲し、分析を行った。物質を抽出するためにまず、発光を止める方法を研究した。そしてカルシウムイオンが発光に必要であることなどをつきとめたのちに、発光物質だけを純粋に分離することに成功した。これが緑色蛍光タンパク質(GFP)である。蛍光タンパク質の多くは、他のタンパク質との複合体を形成して発光するが、GFPは紫外線を当てると単体で発光する。このため遺伝子技術を使って他のタンパク質などに融合させると、GFPの発光があたかもタグのように生体内の目印になる。これによって細胞内での物質の代謝やタンパク質の移動、存在を確認でき、生きたままの状態でタンパク質や特定の物質の挙動観察ができるようになった。
 緑色蛍光タンパク質の利用は生命科学や医学の基礎研究に革命的な手法となり、その後、共同受賞者となったチャルフィー、チェンらが多くの応用手法を開発したため、医学、薬学などの研究現場には欠かせないものとなった。[馬場錬成]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下村脩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下村脩の関連情報

関連キーワード

島津保次郎斎藤寅次郎マキノ雅広清水宏五所平之助衣笠貞之助田坂具隆稲垣浩キャプラ治安維持法

他サービスで検索

「下村脩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.