Rakuten infoseek

辞書

下役【シタヤク】

デジタル大辞泉

した‐やく【下役】
下級の役目。また、その役目の人。
自分より下位の役員・職務についている人。部下。
下級役人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

したやく【下役】
役所・会社などで、自分の下にいる者。部下。 ⇔ 上役うわやく
地位の低い役人。下級の役人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げ‐やく【下役】
〘名〙
① 下級の役。また、下級の役人。
※サントスの御作業(1591)二「テラノ ウチノ gueyacuuo(ゲヤクヲ) ミナ ゴイッシンシテ、アツカイタマイ」
② 江戸時代、村役人の指示に従って村内の見回り、夜番、死体の始末などに当った下層農民の地方的呼称。
※虎岩村願書(長野県下伊那郡)‐宝暦五年(1755)「御咎之一条は、無高之下役彌兵衛と申者、死馬之始末を怠候事明白にて申訳無御座」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

した‐やく【下役】
〘名〙
① 下級の役目。また、その役の人。部下。配下。また、下級の役人。下僚。⇔上役
※清原国賢書写本荘子抄(1530)二「庖はにゑ調る処では下役の人ぞ」
※洒落本・後編婭意忋思(1802)武士鼠「身どもが下やくにしてみたい」
② 江戸時代、町の雑務をつとめ、なお夜番をも兼ねた者。また、その役目。
※浮世草子・当世宗匠気質(1781)二「太鼓打てまはる下役(シタヤク)に酒のか臭せば、おりおり来て、御用は何も御ざりませぬかと見廻りて、ごもくほかしてくれる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下役」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下役の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.