Rakuten infoseek

辞書

下座音楽【げざおんがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

下座音楽
げざおんがく
演出効果を高めるため,舞台下手の御簾 (みす) 内で演奏される歌舞伎音楽の総称。古くは外座と書き,黒御簾音楽,陰,御囃子 (おはやし) とも呼ばれる。初期の歌舞伎では,音楽演奏者もすべて舞台上に並んで演奏していたが,科白 (せりふ) 劇が発達するにつれ,しだいに舞台上から退いていき,出語・出囃子と称して舞台に姿を現すのは,舞踊劇などに限るようになった。下座音楽の役目は多岐にわたり,開き,人物の出入り,立ち回りの伴奏,場面の雰囲気を盛り上げる陰から,雨音・雪音の自然現象の描写まで,あらゆる場合にその効果を発揮している。使用する楽器も三味線をはじめ,鼓・などの能楽系のもの,釣鐘・銅鑼 (どら) などの金属器,木琴,四つ竹など多種多様である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げざ‐おんがく【下座音楽】
歌舞伎の効果音楽。合方(あいかた)鳴り物に大別され、三味線・笛・太鼓などを用い、舞台下手の黒御簾(くろみす)の中で演奏する。幕の開閉、人物の出入り、せりふその他の舞台演技の効果を上げるためのもの。陰囃子(かげばやし)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げざおんがく【下座音楽】
歌舞伎の演出に,効果,修飾,背景,伴奏音楽として,原則として舞台下手の板囲いをし上部の窓に黒いすだれをさげた〈黒御簾(くろみす)〉で演奏される歌舞伎囃子の通称。〈黒御簾音楽〉〈陰囃子〉(略して〈黒御簾〉〈陰〉とも)などの別称がある。ただし〈陰囃子〉は,狭義に,出囃子,出語りについて黒御簾の中で演奏される鳴物を意味することが多い。〈下座音楽〉は,昭和の初めごろから〈下座の音楽〉を熟語化していわれるようになったもので,これを職分とする〈囃子方〉は,ふつう〈下座音楽〉とはいわない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げざおんがく【下座音楽】
歌舞伎で、芝居の効果音楽または出囃子でばやしの助奏として、下座で演奏する音楽。唄と三味線と鳴り物が用いられる。陰囃子かげばやし

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

下座音楽
げざおんがく
歌舞伎(かぶき)、寄席(よせ)などの伴奏音楽。

歌舞伎の下座音楽

舞踊などで演奏者が舞台に居並び観客の面前で演奏する出語りや出囃子(でばやし)に対するもので、演奏者は観客に姿を見せず、舞台下手(しもて)(客席から見て左)の「下座」とよばれる、黒塀で囲まれた場所の黒い御簾(みす)がかかった内側に隠れて演奏する。下座音楽のことを略して単に「下座」ともいい、黒御簾(くろみす)音楽ともよぶ。担当するのは原則として長唄(ながうた)連中に限られる。ほかの音楽と違って、長唄は謡物を主とし、囃子が付属しているため、劇の伴奏には好適だからといわれる。
 起源は明らかでないが、野郎(やろう)歌舞伎の初期には存在していたといわれ、幕末の河竹黙阿弥(もくあみ)の時代に現在の形が完成した。名称については、本来舞台上手(かみて)(右)奥の一角を「外座(げざ)」と称し、享保(きょうほう)(1716~36)末期には江戸でも上方(かみがた)でもそこが演奏の場所だったのが、やがて演奏される音楽の名にもなったもの。舞台機構の変化に伴い、花道での演技がよく見えるように、江戸では文政(ぶんせい)(1818~30)ころから下手奥に移され、安政(あんせい)(1854~60)ころには現在の場所になったが、上方では明治期まで上手で演奏されていた。
 下座音楽の使い方には、出囃子の必要に及ばない簡単な舞踊の地音楽として演奏される「踊り地」、俳優が長いしぐさを演じるときにしんみりした唄をおもに独吟で歌う「めりやす」などもあるが、もっとも多く使われるのは「陰(かげ)」とよばれる演奏である。陰の効用は大別して、開幕・閉幕・場面転換などのときに情景や雰囲気を表すもの、俳優の登場・退場のときに情緒を醸し出したり、その性格や心理を表すもの、演技中に台詞(せりふ)やしぐさを引き立てるものの三つに分けられる。演奏に使う楽器としては、三味線と大太鼓を基本として、四拍子とよばれる笛、小鼓、大鼓、太鼓のほか、楽(がく)太鼓、大拍子、羯鼓(かっこ)、本釣鐘(ほんつりがね)、銅羅(どら)、双盤(そうばん)、チャッパ、木魚(もくぎょ)、盤木(ばんぎ)、木琴(もっきん)、砧(きぬた)、拍子木、四つ竹など数十種があげられる。演奏の方法としては、唄だけの場合、三味線だけの場合(合方(あいかた))、これに唄が加わる「唄入り」の場合、あるいは前記の鳴物類が単独または組合せの場合、さらに唄・合方が加えられることなどにより、さまざまな種類がつくられる。現在使われる曲は、唄、合方、鳴物を含め800曲以上。そのうち江戸(東京)が6割を占める。時代物と世話物、それぞれ作品・場面によっていちおうの約束ができているが、同じ演目でも江戸と上方、あるいは俳優によって、異なる曲を使うこともあり、それが演出の型を構成する一要素になっている。いずれにしても、俳優が音楽にのって動いたり、台詞をいったりするとき、その巧拙によって役を生かしも殺しもするわけで、歌舞伎の演出にはきわめてたいせつな役目を果たす。
 上演に際して下座音楽の指定を考える人を「付師(つけし)」といい、音楽担当者のベテランがこれにあたる。その指定を記した帳面(普通、半紙二つ折り)を下座付帳、略して下座付という。
 なお、新派劇でも古典的な演目では下座音楽を使うが、近年はこれを指定することを「作調(さくちょう)」と称し、担当の演奏家たちが作調部とよばれることもある。[松井俊諭]

寄席の下座音楽

高座下手の囃子部屋で演奏されるもので、女性の専門家が三味線を弾き、前座の落語家が太鼓、笛、鐘などで合奏する。下座のつとめは、まず芸人の登場・退場のときの囃子で、これを「出囃子」という。東京では昔は音曲か太神楽(だいかぐら)以外は出囃子はなかったが、1917年(大正6)落語睦(むつみ)会創立後、東西の芸人の交流が始まり、大阪の習慣が移入されて東京でも出囃子を使うようになった。出囃子は芸人によってそれぞれ決まった曲を使うのが普通である。下座はほかに、踊りの地、音曲の伴奏、太神楽・奇術・曲独楽(きょくごま)・紙切りなどの囃子をするが、その曲はきわめて多い。
 大阪では、大部分の噺(はなし)が音曲入りで、囃子の入る場面も厳密に決まっているため、下座はとくに重要である。出囃子も東京以上にやかましく、囃子を聞けば、二つ目が出るのか、真打が出るのかわかるようになっている。
 下座を担当する女性三味線弾きも近年は「囃子」とよばれるようになったが、しだいに後継者難が叫ばれるようになり、国立劇場では1979年(昭和54)の演芸場発足に伴い、寄席囃子の技芸者養成を実施している。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げざ‐おんがく【下座音楽】
〘名〙 歌舞伎のせりふ劇の効果音楽。幕の開閉、人物の出入り、せりふその他の舞台演技の効果をあげるためのもの。唄、合方(あいかた)、鳴物(なりもの)が単独にまた相互に組み合わされて演奏される。下座。黒御簾(くろみす)。陰囃子(かげばやし)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下座音楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下座音楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.