Rakuten infoseek

辞書

下川原焼(しもかわらやき)土人形

デジタル大辞泉プラス

下川原焼(しもかわらやき)土人形
青森県弘前市周辺を中心に生産される郷土玩具。製造の起源江戸時代後期に遡る。粘土石膏の枠型にはめて人や動物の形をつくり、高温の窯で焼き上げてから彩色したもの。鳩笛が特に有名。県の伝統工芸品に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

下川原焼土人形[人形・玩具]
したかわらやきつちにんぎょう
東北地方、青森県の地域ブランド。
弘前市で製作されている。初代・高谷金蔵が、弘前下川原の地に窯をつくり、日用品を焼くかたわら冬に人形玩具を焼いたのが始まり。江戸時代の末期には、津軽藩領内の子どもたちの遊び玩具となった。赤土と砂を調合した粘土を石膏の型枠にはめて形を整え、およそ800度で数時間窯焼き、色付けをして仕上げる。絵付けはすべて手作業でおこなわれるため、同じ物は一つとしてない。鳩笛や干支人形など数百種類の製品がある。青森県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下川原焼(しもかわらやき)土人形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下川原焼(しもかわらやき)土人形の関連情報

他サービスで検索

「下川原焼(しもかわらやき)土人形」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.