Rakuten infoseek

辞書

下地島【しもじしま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

下地島
しもじしま
沖縄県西部,宮古諸島伊良部島属島宮古島市に属する。石灰岩からなる低平なで,伊良部島との間に狭い水道があり,橋で結ばれる。 1979年にパイロット訓練飛行場が開設された。島の西側にある海食洞通り池には人魚伝説が残る。伊良部県立自然公園に属する。面積 9.54km2人口 88 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

下地島
△沖縄県宮古島市▽、宮古島の北西沖にある伊良部島(いらぶじま)の南西にほぼ隣接した島。「しもじしま」と読む。面積約9.54平方キロメートル。3000メートルの滑走路を有する下地島空港は、かつて民間ジェット機のタッチアンドゴー訓練を間近で見学できる訓練空港として航空ファンに有名だったが、全日空や日本航空は2010年代前半に同空港から撤退し、訓練利用は減少した。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しもじしま【下地島】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

下地島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下地島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.