Rakuten infoseek

辞書

下国【ゲコク】

デジタル大辞泉

げ‐こく【下国】
[名](スル)
律令制で、国を大・上・中・下の四等級に分けたうちの最下級の国。和泉(いずみ)伊賀志摩伊豆飛騨隠岐(おき)淡路壱岐(いき)対馬(つしま)の9か国。
昔、都から国元へくだること。国司任国へ赴くこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げこく【下国】
( 名 ) スル
律令制で、国を面積や人口などで四等に分けたうちの最下等の国。延喜式では、和泉・伊賀・志摩・伊豆・飛驒・隠岐・淡路・壱岐・対馬。 → 大国上国中国
都から国もとへ行くこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げ‐こく【下国】
〘名〙
① 律令制で、国の等級を決めたものの一つ。大、上、中、下の四段階の最下級の国。「延喜式」民部上によれば、和泉・伊賀・志摩・伊豆・飛騨・隠岐・淡路・壱岐対馬の九国。
※令義解(718)職員「下国。守一人。目一人。史生三人」
※源平盛衰記(14C前)三「僅かに下国(ゲこく)の受領をこそ拝任せしに」
② (━する) 都から国元へおもむくこと。国司が任国へおもむくこと。
※吾妻鏡‐建長五年(1253)七月一七日「豊後四郎左衛門尉 下国」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下国の関連情報

他サービスで検索

「下国」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.