Rakuten infoseek

辞書

下向【ゲコウ】

デジタル大辞泉

げ‐こう〔‐カウ〕【下向】
[名](スル)
高い所から低い所へおりていくこと。
都から地方へ行くこと。
「先代一週忌の法会のために―して」〈鴎外阿部一族
還向(げこう)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げこう【下向】
( 名 ) スル
高い所から低い所へ下りて行くこと。
都から地方へ行くこと。 「以策といふものを、京都から-させる/阿部一族 鷗外
還向げこう」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くだり‐むき【下向】
〘名〙 上方から下方に、または上位から下位に向かって行くこと。
※夫木(1310頃)三六「老いが身の山とし高くのぼりきてくだりむきなるさかぞ末なき〈他阿〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ‐こう ‥カウ【下向】
〘名〙
① 高い所から低い所へおりて行くこと。
② 都から地方へ行くこと。くだること。
※小右記‐寛弘二年(1005)二月二七日「不相府気色不快、任天運下向
※平家(13C前)二「既に十二三日と云ふは、これより殆(ほとんど)鎮西へ下向ござむなれ」
※枕(10C終)一五八「まろは七度詣し侍るぞ。三度は詣でぬ。いま四度はことにもあらず。まだ未(ひつじ)に下かうしぬべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

した‐むき【下向】
〘名〙
① 下の方を向いていること。うつむいていること。⇔上向き
俳諧・文政句帖‐五年(1822)九月「菊薗や下向は左へ左へと」
※星座(1922)〈有島武郎〉「酌をしながら、美しい眼が下向きに、滴り落ちる酒にそそがれて」
物事の調子、勢いなどが衰えてくること。かこう。⇔上向き
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉一「その時もやっぱり運の下向きの時でしたが」
相場が下がる傾向にあること。⇔上向き。〔取引所用語字彙(1917)〕
※稲の穂(1842‐幕末頃)「少々下直なるを、後に立会たとも下向きに立会た共言」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

した‐む・く【下向】
〘自カ五(四)〙
① 下を向く。
※俳諧・新ありづか(1778頃)「下向くや鳥もも水の月〈也有〉」
② 物事の状態や調子が悪いほうに向かう。
③ 相場が下がりはじめる。⇔上向く

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下向」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下向の関連情報

他サービスで検索

「下向」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.