Rakuten infoseek

辞書

下京【シモギョウ】

デジタル大辞泉

しも‐ぎょう〔しもギヤウ〕【下京】
京都市三条通りの地。
京都市の区の一。昭和4年(1929)中京区を分区、同30年南区を分区し、現在は四条通り以南八条通りまで、東は鴨川、西は西大路までの地域。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しもぎょう【下京】
京都の地名大内裏朱雀大路を中心に整然と画された平安京も,平安時代末ごろには,律令体制の崩壊と平安京自体が本来的にもっていた地形的制約(右京低湿地)により,その都市的発展は漸次左京へと移り,都は南北に細長い長方形へと変化していった。これによって,従来の左京,右京という概念にかわって上京,下京という呼称が生まれてきたのである。鎌倉時代,上・下両京のは二条大路辺と意識されていたようで,その通りを境に南北に独立した集落を形成していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しもぎょう【下京】
京都市の区の一。商業地区。
京都の四条通り以南をさしていった称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しも‐ぎょう ‥ギャウ【下京】
[一] 京都市街地を南北に分けた場合の南半部の呼称。三条通以南。
[二] 京都市の行政区の一つ。四条通以南八条通まで。東は賀茂川に、西は西高瀬川に限られる。京都駅があり、大部分が商業地区で、人口密度が高い。西本願寺東本願寺がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下京」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下京の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.