Rakuten infoseek

辞書

【うえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


うえ
熊本県南部,人吉盆地東部の地域。旧村名。 1895年皆越 (みなごえ) 村と合体。 2003年免田町,岡原村,須恵村,深田村と合併し,あさぎり町となった。南部に白髪岳 (しらがだけ。 1417m) などがあり,山林,畑地が多く,チャ (茶) ,シイタケ,タバコを栽培。肉牛,乳牛,ブタの飼育も行なわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


かみ
長野県南部,飯田市東部の旧村域。赤石山脈南部の西斜面にある。1889年村制施行。2005年飯田市に編入。江戸時代は門村といい,秋葉街道伊那盆地に入る玄関口にあたっていた。天竜川の支流遠山川,上村川の両岸にわたる傾斜地で,水田は少なく,工芸作物林産物が栽培されるほか,繁殖和牛の生産,林業が行なわれる。12月に行なわれる遠山の霜月祭は国指定重要無形民俗文化財。一部は南アルプス国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うえ〔うへ〕【上】
[名]
位置関係で、基準とするものより高い方、高い所をいう。
㋐立体的に見て、高い所。高い場所。「一段に上る」⇔下(した)
㋑紙などの平面で、縦の方向で自分より遠くに離れている所。「横線よりにある点」⇔下(した)
㋒室内。座敷。「におあがり」
㋓順序から見て、連続する先の部分。「に述べた事柄は…」
㋔音の高い部分。「の音が出ない」⇔下(した)
物の表面。「雪のを滑る」
外側。「上着のにコートを着る」⇔下(した)
程度・地位・年齢・能力・数量などが勝っていること。また、その人。「成績が僕よりだ」「二歳の人」「からの指示」「の学校に進む」⇔下(した)
ある物事に関すること。「仕事ので苦労が多い」「酒のの失敗」「帳簿のでは黒字だ」
ある事柄と他の事柄とを関係させていう時に用いる。
㋐…に加えて。「ねだんが安いに、品質が優れている」
㋑…したのち。…した結果。「相談したで返事する」「知的探検家の努力のに現代科学は築かれている」
㋒…するため。「勉学を続けて行くに必要な学費」
㋓(「うえは」の形で)…からには。「かくなるはやむをえない」
高い地位を占めている場所、または人々。
㋐高貴な人、特に主上の御座所に近い所。禁中。殿上(てんじょう)の間。
「―にさぶらふをのこども歌奉れと仰せられける時に」〈古今・秋上・詞
㋑主上。天皇。後世では将軍・大名をもさす。
「―も聞こしめし、めでさせ給ふ」〈・二三〉
㋒貴婦人。特に奥方。
「離れ給ひし元の―は」〈竹取
付近。ほとり。
「石(いは)走る垂水(たるみ)の―のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも」〈・一四一八〉
[接尾]
名詞に付いて、自分または相手の目上の近親者に対する尊敬の意を表す。現代では、手紙やあらたまった場合などに用いる。「父様」「姉
貴人の妻の呼び名に付いて、尊敬の意を表す。
「紫の―にも御消息ことにあり」〈・若菜上〉
目上の人を表す語に付いて、尊敬の意を表す。
「故院の―の、今際(いまは)のきざみにあまたの御遺言ありし中に」〈・若菜上〉
[下接語]兄上姉上雲の上此(こ)の上坂上其(そ)の上父上年上母上真上身の上目上床上

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うわ〔うは〕【上】
[語素]名詞・動詞の上に付いて複合語を作り、位置・価値・程度などが他のものより「上(うえ)」の意を表す。「唇」「皮」「向く」「値」「役」「回る」「っ面(つら)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

え〔へ〕【上】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かみ【上】
ひと続きのものの初め。また、いくつかに区分したものの初め。
㋐川の上流。また、その流域。川上。「へ船で上る」「川沿いをに一キロほど行く」⇔下(しも)
㋑時間的に初めと考えられるほう。昔。いにしえ。「は奈良時代から下(しも)は今日まで」⇔下(しも)
㋒ある期間を二つに分けた場合の前のほう。「の半期」⇔下(しも)
㋓月の上旬。「寄席の席を聴きに行く」
㋔物事の初めの部分。前の部分。「に申したごとく」「二桁(けた)の数字」「の巻」⇔下(しも)
㋕和歌の前半の3句。「の句」⇔下(しも)
位置の高い所。
㋐上方に位置する所。上部。「山のにある村」⇔下(しも)
「几帳(きちゃう)の―よりさしのぞかせ給へり」〈紫式部日記
㋑からだの腰から上の部分。「半身」⇔下(しも)
㋒上位の座席。上座。上席。「主賓がに座る」⇔下(しも)
㋓台所などに対して、客間・座敷や奥向きをさす語。⇔下(しも)
㋔舞台の、客席から見て右のほう。上手(かみて)。「主役がから登場する」⇔下(しも)
地位・身分の高い人。
天皇の敬称。陛下。「御一人」
㋑高位・上位にある人。「は皇帝から下(しも)は庶民に至るまで」⇔下(しも)
㋒朝廷・政府・官庁などの機関。また、為政者。「おからのお達し」→御上(おかみ)
㋓他人の妻、また、料理屋の女主人などを軽い敬意を含んでいう語。「隣家のおさん」「料亭のお」→御上(おかみ)
皇居のある地。
㋐都。京都。また、その周辺。「へのぼる」「方(かみがた)」
㋑京都で、御所のある北の方角・地域。転じて一般に、北の方の意で地名などに用いる。「河原町通りをへ向かう」「京(かみぎょう)」「井草(かみいぐさ)」⇔下(しも)
㋒他の地域で、より京都に近いほう。昔の国名などで、ある国を二分したとき、都から見て近いほう。「諏訪(かみすわ)」「つけ(=上野(こうずけ))」⇔下(しも)
格や価値が優れているほう。
「人丸は赤人が―に立たむこと難(かた)く」〈古今・仮名序〉

㋐年長の人。
「七つより―のは、みな殿上せさせ給ふ」〈・若菜下〉
㋑主人。かしら。
「―へ申しませう」〈狂言記・角水〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん【上】
《「かみ」の音変化。「かむ」とも表記する》「かみ(上)」に同じ。
「―つ宮」〈用明紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう【上】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう〔ジヤウ〕【上】
[名]
質の程度・価値・等級・序列などが高いこと。標準よりすぐれていること。また、その記号にも使う。「中のの生活」「握りずしのをたのむ」⇔
本を2冊または3冊に分けたときの、第1冊。上巻。「の巻」⇔
上声(じょうしょう)」に同じ。
進物などの包み紙に書く語。「奉る」「差し上げます」の意。
[接尾]名詞に付いて、…に関して、…の面で、…の上で、などの意を表す。「一身の都合」「経済の理由」「行きがかりそうせざるを得なかった」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう【上】[漢字項目]
[音]ジョウ(ジャウ)(呉) ショウ(シャウ)(漢) [訓]うえ うわ かみ あげる あがる のぼる のぼせる のぼす
学習漢字]1年
〈ジョウ〉
位置がうえ。高いほう。「上空上体上段屋上海上机上頭上地上頂上天上路上
時間・順序が先のほう。「上刻上述上旬上代上編如上同上
価値・程度がうえ。すぐれている。「上位上策上質上手(じょうず)上等上品極上最上至上
地位・身分が高い。上の人。「上意上官上司上覧主上長上下剋上(げこくじょう)
ある場所の範囲を漠然とさす語。「史上紙上身上世上席上途上
ある事柄を取り出して範囲を限定する語。「規則上・教育上・都合上」
上のほう、高いほうへ移動する。あがる。のぼる。「上昇上陸炎上逆上向上参上浮上北上
上の人・機関に申し出る。たてまつる。差し出す。「上告上書上訴上納運上啓上献上進上奏上返上
中央の地に出る。「上京上洛
10 おおやけの場に出す。のぼす。のせる。「上映上演上場上程
11 漢字音の四声の一。「上声(じょうしょう)
12 上野(こうずけ)国。「上越上州
〈ショウ〉うえ。「上下(しょうか)上人(しょうにん)身上
〈うえ〉「上様上下(うえした)坂上父上年上真上
〈うわ〉「上役上調子
〈かみ〉「上下(かみしも)上半期風上川上
[名のり]うら・え・すすむ・たか・たかし・ひさ・ほず・まさ
[難読]上手(うま)い上総(かずさ)上野(こうずけ)逆上(のぼ)せる上枝(ほつえ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へ【上】
上。表面
「いかにあらむ日の時にかも声知らむ人の膝の―我が枕かむ」〈・八一〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょう【上】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うえ【上】
[0] ( 名 )
基準とする点より相対的に高い方向、または位置。 「 -を向く」 「 -の棚には洋酒を並べる」
ある物の上方の面。 「机の-に本を置く」 「橋の-から川を見下ろす」
ある物の表面。また、表面に出る方。外側。 「 -にセーターを着る」 「墨筆の-に朱で訂正を加える」
紙などを人の前に置いた時、その人から遠い方向、または位置。 「 -から三字目は何と読むのか」 「本文の-に頭注をつける」
連続しているものの、順序が先の部分。 「 -に述べたように」 「 -に『ら』のつく言葉を言って下さい」
地位・能力・品質などが優れている方。 「 -の方から指令がきた」 「技術は彼の方が-だ」 「この-の品が欲しい」
年齢が多い方。年長。 「彼女は私より三歳-です」 「 -の兄」
(形式名詞)
(「…上で(は)」の形で)…という観点からは。…の面では。 「理論の-ではそうだが、実際はどうか」 「暦の-ではもう春だ」 「生活する-で特に支障はなさそうだ」
(「…上は」の形で)…である以上は。…であるからには。 「かくなる-は決行あるのみ」
(「…上(に)」の形で)…に加えて。…であるところにさらに。 「御馳走になった-、おみやげまでもらった」 「彼は頭がよい-に、実行力もある」
(「…上(で)」の形で)…したのち。…の結果として。 「署名・押印の-窓口に提出して下さい」 「十分調査した-で御返事します」
▽⇔ した
貴人のいる所。
天皇または上皇の御座所。 「 -にさぶらふをのこども/古今 秋上詞
身分の高い人の部屋。また、目上の人のいる場所。 「おもとは今宵は-にやさぶらひ給ひつる/源氏 空蟬
身分の高い人。
天皇または上皇。 「源氏の君は、-の常に召しまつはせば/源氏 桐壺
将軍。公方くぼう。 「かやうの子細-へ申し入れて/曽我 5
貴人の妻。北の方。 「中宮権大夫殿の-/大鏡 道長
表面の態度。うわべ。 「 -はつれなく操づくり/源氏 帚木
付近。あたり。 「あらたへの藤原が-に/万葉集 50
(形式名詞)
人間や物事について、それに関すること。 「君が-はさやかに聞きつ思ひしごとく/万葉集 4474
貴人の妻の呼び名に添えて、敬意を表す語。 「紫の-/源氏 藤袴
( 接尾 )
名詞に付いて、目上の人間に対する敬意を表す。 「父-」 「姉-」 〔もともと「うえ した」は物の表裏を表し、「かみ しも」が高低(上下)を表していたが、後者が形式化したため、前者が高低(上下)の意をもつようになった〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うわ【上】
「うえ(上)」と同意で、他の語の上に付いて、複合語を作る。
位置や方向が上方・表面であることを表す。 「 -唇」 「 -包み」 「 -書き」 「 -滑り」 「 -向く」
価値・程度が他のものより高いことを表す。 「 -値」 「 -回る」 「 -手(うわて)」
すでに有るものの上にさらに付け加えることを表す。 「 -積み」 「 -乗せ」 「 -屋(うわや)」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

え【上】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かみ【上】
空間的・時間的に連続したものの上の方。初めの方。高いところ。 ⇔ しも
連続したものの初めの部分。
川の上流。また、その流域。 「川の-の方」 「泊瀬はつせの河の-つ瀬に/古事記
昔。今からみてずっと前。 「その-」 「 -つ代/玉勝間」
初めの部分。いくつかに分けたものの最初のもの。
月や年の初めの部分。 「 -半期」 「 -期」 「 -の十日」
書物の初めの部分。 「 -の巻」
和歌で初めの三句。 「 -の句」
位置の高い所。
上の方。 「この山の-にありといふ布引の滝見にのぼらむ/伊勢 87
身体の腰から上の部分。 「腰より-は人にて、しもは蛇なる女/宇治拾遺 4
中心地としての京都についていう。
皇居のある所。京都。みやこ。また、関西地方。 「 -方」 「 -の便りにあがる米の値(芭蕉)/炭俵」
京都により近い所。 「 -つけの(上野)」 「 -つふさ(上総)」
京都で御所に近い方。北の方。 「烏丸からすま通りを-の方へ行く」
上座。上席。 「しうとの-へなほる/狂言・庖丁聟」
舞台の上手かみて
地位・身分の高いこと。また、その人。
高位の人。 「 -は国王よりしもは万民に至るまで」
天皇・君主・将軍・大名などをさす。 → おかみ
政府・朝廷をさす。 「お-のお達し」
主人。主君。
他人の妻に対する敬称。 「 -さま」 「(お)-さん」
料理屋の女主人などの称。 「お-(女将)」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん【上】
〔「かみ(上)」の転。「かむ」とも表記〕
かみ」に同じ。助詞「の」「つ」の前にあらわれる形。 「 -つけ(上野)」 「 -のくだり(上件)」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう【上】
[1] ( 名 )
程度・等級・身分・地位などがまさっていること。すぐれていること。 ⇔ 「 -の位」 「成績は-の部だ」 「 -のうな丼」 「従じゆ五位の-」
順序が先であること。 「 -の巻」
進物などの包み紙に書く語。「たてまつる」の意で、相手への敬意を表す。
上声じようしよう」に同じ。 「平-去入」
( 接尾 )
名詞に付いて、…に関して、…の面で、…の上でなどの意を表す。 「一身-の都合」 「道義-の責任」 「行きがかり-しかたがない」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へ【上】
あるものの表面。うえ。 「誰か浮かべし酒杯さかずきの-に/万葉集 840」 「岩の-に小猿米焼く米だにも食げて通らせ/日本書紀 皇極」 〔主として「…のうへ」の「う」の脱落した「のへ」の形で見られる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔千葉県〕上(かみ)

上(かみ)〔鴨川市
上(かみ)〔君津市
上(かみ)〔富津市

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔埼玉県〕上(かみ)

上(かみ)〔上尾市
上(かみ)〔蓮田市

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あがり【上】
[1] 〘名〙 (動詞「あがる(上)」の連用形の名詞化)
① 低い所から高い所へ移ること。「蹴(け)上がり」「上がり降り」など、他の語と熟して用いられることが多い。
※歌舞伎・蝶鶼山崎踊(1819)四幕「さうサ、お日和が好くってお仕合せだ。わっちらは拝まうと思っても、お上がりの時分は、眠ったい盛りだよ」
② 風呂などから出ること。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「ヤア、義遊さん、もうお上(アガ)りかナ」
③ 体や、体の一部が高まること。「起き上がり」「立ち上がり」「伸び上がり」など、他の語と熟して用いられる。
④ 物の値段や株価などが高くなること。「値上がり」→あがり(上)を請ける
浮世草子・傾城色三味線(1701)大坂「米事にかかりしが、仕合のよい時は吹付る風空に、思ひの外のあがりを得」
⑤ 身分や位が上であること。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「漢は右が貴く有ほどに、西があがりぢゃに、いるは存外な顔ぞ」
⑥ 技芸などが進歩すること。上達。「手の上がりが早い」
⑦ 家賃、地代などの収入や田畑からの収穫。また、商売や興行による収益。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉投機「家ぢゃアお前さん、家賃の上りや公債の利子で活動(くらし)を立ててるンだよ」
⑧ 物事の終わり。また、使い終わること。
※御湯殿上日記‐永祿元年(1558)九月二七日「称名院よりりやうあん御あかりめてたきよし、文にて申さるる」
⑨ 仕事などが完成すること。また、そのできぐあい。
※黄表紙・作者根元江戸錦(1799)「此の雲を七つ彫って、此の岩を五つほると上(アガ)りだ」
⑩ ある状態からなりかわること。→(二)。
※咄本・無事志有意(1798)化物「『其芝居はどこだ』と猫股(ねこまた)にきく。『〈略〉』と、さすが飼猫のあがり程あって、詳しくおしゑる」
⑪ 飲食した後に支払う勘定。
⑫ 勤務を終わること。鉄道職員などが用いる。
⑬ すごろくやゲームで、札が最終の場所にはいること。また、競馬でゴールまでの最後の三ハロン(六〇〇メートル)のこと。
※雑俳・住吉御田植(1700)「立もどりあがりの遠き絵双六」
⑭ カルタ遊びやトランプなどで、手札を場に出し尽くしたり、場札を取り尽くしたりすること。また、トランプ、マージャンなどで、役ができて勝つこと。
※浄瑠璃・大職冠(1711頃)道行「加番見れ共青もなくあがりも知らぬひらよみに」
⑮ 雨、病気など、ある状態が去った後もいくらかその名残があること。「雨上がりの道」
※人情本・明烏後正夢(1821‐24)三「そりゃア、大病やんだあがりに、あんまり気をもむからじゃ」
⑯ 貴人の前から取り下げられること。また、一般に、用ずみになったもの。廃品。
※浄瑠璃・東海道七里艇梁(1775)三「お伽に召れた遊女なれども、最早お鼻に着せられし御様子、何卒拙者に御膳の上りを、拝領仰せ付られなば、有難からん」
⑰ 商売などがうまくいかなくなること。生活が立ちゆかなくなること。
※歌舞伎・善悪両面児手柏(妲妃のお百)(1867)七幕「これも日章、おのれの仕業、わしを此儘生かしておいて、訴人をされては身の上(アガリ)ゆゑ、それでわしを殺すのぢゃ」
⑱ 魚、虫などが死ぬこと。
⑲ 蚕が成長して、繭を作らせるためのわらの床に乗せるべき状態になること。上蔟(じょうぞく)
⑳ 田舎から京阪地方へ行くこと。
※浄瑠璃・百合若大臣野守鏡(1711頃)二「あがりの衆ならば、みやげめせめせ竹ざいく」
㉑ 「あがりばな(上花)」の略。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉日本「業界思想」欧州に死す「突然寿司屋の熱いあがりをすするときみたいな、〈略〉すさまじい音を立てて、コーヒーをすすったんです」
㉒ 鋳造において、湯が鋳型を満たし、鋳型の上面よりさらに上昇する部分。鋳型内の空気、不純物などを吐き出し、湯の自重によって鋳物に圧力をかけ、巣(す)を除き、緻密にするためのもの。
[2] 〘接尾〙 (⑩が接尾語化したもの) 名詞に付いて、以前にそういう身分、職業であったことを表わす。
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「ヤアしゃらな丁稚(でっち)あがりめ、投げてくれん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うえ うへ【上】
[1] 〘名〙
[一] 空間的に高い位置。また、階級・地位・身分の高い状態や程度・数量などの多い状態。
① 高い場所、位置。高い方。⇔
(イ) ものの最も高い部分。
書紀(720)継体七年九月・歌謡「御諸(みもろ)が紆陪(ウヘ)に 登り立ち」
(ロ) あるものを基準として、それより高い所。また、見あげるように高い所。上方。
※万葉(8C後)一四・三五二二「昨夜(きそ)こそは児ろとさ寝しか雲の宇倍(ウヘ)ゆ鳴き行くたづのま遠く思ほゆ」
(ハ) 建物などで、高いほうの階。
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「御主人は階上(ウヘ)ですか階下(した)か」
(ニ) 座敷。
※大鏡(12C前)六「あはれがらせ給て、うへにめしあげて」
② 貴い人のいる所。
(イ) 天皇、上皇の御座所。また、その付近。禁中。殿上の間。
※古今(905‐914)秋上・一七七・詞書「うへにさぶらふをのこども歌たてまつれ」
(ロ) 身分の高い人の部屋。
※源氏(1001‐14頃)空蝉「おもとは、今宵はうへにやさぶらひ給ひつる」
③ 身分の高い人。
(イ) 天皇。上皇。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「うへも春宮も〈略〉うつくしみ給ふ」
(ロ) 将軍、公方(くぼう)、殿様など、支配者をいう。
※太平記(14C後)一〇「上(ウヘ)の御存命の間に〈略〉思ふ程の合戦して」
※今堀日吉神社文書‐永祿元年(1558)一〇月二八日・保内商人中惣分陳状案「上儀をさへ不承引、被御退治津にて候」
(ハ) 女あるじ。後の、北の方。
※竹取(9C末‐10C初)「これを聞て離れ給ひしもとの上は腹をきりて笑ひ給ふ」
④ 比較してよりすぐれた身分、地位、程度など。
※十訓抄(1252)一「斉信卿上臈にて公任卿の上に居られたりけるに」
※評判記・野郎虫(1660)浅木権之介「人はただ心を、おむくにもちたる、うへはなきに」
⑤ 比較して、数量、年齢などの点でより多いこと。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「『いくつだとおもひなさる』『されば、おれよりは上(ウヘ)だらうよのう』」
※人情本・英対暖語(1838)初「往来(いきけへり)ぢゃア一里の上あらアナ」
⑥ 低音に対して高音。
※申楽談儀(1430)音曲の位の事「うへより言ひて落す也」
[二] 物事の表面。また、表面に現われる状態や表面をおおうもの。
① 物の外面。おもて。
※書紀(720)継体七年九月・歌謡「磐余(いはれ)の池の 水下(みなした)ふ 魚も 紆陪(ウヘ)に出て嘆く」
※蜻蛉(974頃)中「うへに、『忌みなどはてなんに御覧ぜさすべし』と書きて」
② 表面の態度、行動。うわべ。
※書紀(720)継体七年九月・歌謡「誰やし人も 紆陪(ウヘ)に出て嘆く」
※平家(13C前)四「うへには平家に御同心、したには〈略〉入道相国の謀反(むほん)の心をもやはらげ給へとの御祈念のため」
③ 上着。表衣。
※万葉(8C後)一二・二八五一「人の見る表(うへ)は結びて人の見ぬ下紐(したびも)あけて恋ふる日そ多き」
④ おおい。屋根。牛車の屋形、車蓋。
※枕(10C終)九九「この土御門しも、かう上もなくしそめけんと」
[三] あるものの付近。辺り。ほとり。
※万葉(8C後)一・五〇「あらたへの 藤原が宇倍(ウヘ)に 食(を)す国をめしたまはむと」
[四] (形式名詞として用いられる)
① (前の語句に示された)ある人や物事に関する消息、事情、経緯など。また、物事をある面から特に取りあげて問題とする場合にいう。
※万葉(8C後)二〇・四四七四「群鳥(むらとり)の朝立ち去(い)にし君が宇倍(ウヘ)はさやかに聞きつ思ひしごとく」
※源氏(1001‐14頃)若紫「西国(にしくに)のおもしろき浦うら磯のうへをいひ続くるもありて」
② 他の物事に更に加わる状態を示す。
(イ) (多く、「上に」の形で) さらに加わるさま。そのほか。…に加えて。
※万葉(8C後)一九・四二七八「あしひきの山下ひかげかづらける宇倍(ウヘ)にや更に梅をしのはむ」
(ロ) (物事の終わった)のち。…した結果。…して、そして。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「ウソアマイ モノヲ クラウタ vyenareba(ウエナレバ)
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)七「醒ての上の御分別」
(ハ) …した結果を踏まえて。その事柄を条件として。
※新浦島(1895)〈幸田露伴〉九「和尚に此訳ことわり申して立会の上棺を検(あらた)むるに」
(ニ) (「上は」の形で) ある物事が起こってしまった以上。…からには。
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「天の授け給へる上(ウヘ)は、ただ一矢に射おとしてすてん」
③ 貴婦人の称号に添えて用いる。
※源氏(1001‐14頃)蛍「紫のうへも姫君の御あつらへにことつけて」
[2] 〘接尾〙 目上の人の呼び名につけて敬意を表わす。
(イ) 女あるじの呼び名に付けて用いる。「母上」「尼上」「姉上」
※源氏(1001‐14頃)若紫「尼うへにはもてはなれたりし御けしきのつつましさにおもひ給ふるさまをも」
(ロ) 目上の肉親、親族の呼び名に付けて用いる。「父上」「兄上」
(ハ) 高貴な女性の呼び名に付けて用いる。
※合巻・偐紫田舎源氏(1829‐42)三一「我知らず姫君よ姫上よと、呼び参らする事のあり」
[語誌](1)「うえ」の対義語としては、古代から現代に至るまで「した」が安定して、その位置をしめている。しかし、中古から中世にかけて「うえ」は、(一)(二)のように表面の意を持っていたため、「うら」とも対義関係を持ち、「うらうえ」という複合語も作られた。しかし、この対義関係は、中世頃から(二)の意味が衰退するのに伴って、次第に「うら━おもて」という対義関係にとってかわられた。
(2)(二)は、平安時代中期より例が見られ、おもに、肉親の目上の人に対して用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うえ うへ【上】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うわ うは【上】
語素〙 上(うえ)と同意で、位置、価値、程度などが他のものより上であることを示す。「うわ書」「うわ荷」「うわ掛け」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うわ‐・ぶ うは‥【上】
〘自バ上二〙 貴族的な気風に染まる。上品らしくなる。
※浄・烏帽子折(1690頃)三「職人なれど烏帽子屋は、お公家交はり上品(うわビ)たる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

【上】
〘名〙 ⇒へ(上)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かみ【上】
〘名〙 もと、「流れの上流のほう」をいった語か。または、「ひと続きのものの初め」をさしていった語か。後には、「土地の高い所」「ある地域で中央に近い所」「人間関係における長上」の意などを示すように転じた。うえ。かん。⇔下(しも)
[一] ひと続きのものの初め。
① 川の流れの初めのほう。上流。かわかみ。
※平家(13C前)四「馬や人にせかれて、さばかり早き宇治河の水は、かみにぞ湛へたる」
② 時間的に古い方。いにしえ。むかし。上代。
※千載(1187)序「かみ正暦のころほひより、下文治の今に至るまでのやまと歌を、撰び奉るべき仰せごとなむありける」
③ いくつかに区分されたものの初めの部分。冒頭。前の方。「上の句」「上の巻」「上の十日」など。
※伊勢物語(10C前)九「かきつばたといふ五文字を句のかみにすゑて旅の心をよめ」
④ 文章で前に述べた部分。
※経済小学家政要旨(1876)〈永峰秀樹訳〉三「吾が上に揚げたる法に従ふて雇人を使はば」
⑤ 和歌の上の句。
※後拾遺(1086)雑・一〇一三・詞書「世の中を何にたとへむといふ古ごとをかみにおきてあまたよみ侍りけるに」
[二] 位置の高い所。
① 高い所。うえ。
古事記(712)上「上(かみ)は高天の原を光し、下は葦原の中つ国を光す神、是に有り」
② 身体の腰から上の部分。また、そこに着けるもの。
※名語記(1275)五「肩より、かみ」
[三] 地位の高い人。長上。目上。おかみ。
① 天皇をさしていう。
※古事記(712)中「吾は兄なれども上(かみ)と為るべからず。是を以ちて汝命上(かみ)と為りて、天の下治らしめせ」
② 皇后、皇族などをさしていう。
※たまきはる(1219)「身の装束、行器(ほかゐ)などまで、みなかみより御沙汰あり」
③ 将軍をさしていう。
※吾妻鏡‐建暦三年(1213)四月二七日「義盛報申云、於上全不恨、相州所為、傍若無人之間」
④ 一般に、高位の人。上に立つ人。「なか」「しも」に対していう。
※源氏(1001‐14頃)帚木「かみはしもにたすけられ、しもはかみになびきて事ひろきにゆづろふらん」
⑤ 政府、官庁などに対する尊称。
※浄瑠璃・傾城反魂香(1708頃)三熊野「盗賊と云かけ分明ならぬ訴訟、且は上を掠むる越度(おちど)
⑥ 主人。主君。
※狂言記・角水(1660)「それにござりませう。かみへ申ませう」
※浮世草子・西鶴織留(1694)六「さる御所にちかふめされし鶯の局と申せし人、〈略〉上(カミ)より御願ひ事ありて、北野の神へ御代参申されての下向に」
⑦ 親分。
※仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)下「此男のかみも、ゑひのすけなりけり」
⑧ 近世以後、人妻に対する軽い敬称。また、茶屋、料理屋などの女主人。おかみさん。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)一「Cami(カミ)、ヲウエ、カミサマ」
⑨ 年上の人。また、年上であること。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「またちいさきななつよりかみのはみな殿上せさせたまふ」
[四] 皇居の存在する地域、地方、方角。
① 都。京都。
※浮世草子・好色一代男(1682)五「其後は上(カミ)へものぼらぬか」
② (上方(かみがた)の略) 京阪地方。近畿地方。
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)三「あのをくりと申は、てんよりもふり人のしそんなれば、かみのみやこに、あひかはらず、おくのみやことかしづき申」
③ 近畿地方の中で、大阪から京都をさしていう。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)大坂「佐田の天神前にて上(カミ)から来るかごが、替ではないか、と詞かくれば」
④ 京都の中で、内裏のある北部をいう。「上京(かみぎょう)」「上賀茂神社」など。また、京都のある基準点より以北をさしていう。
※蜻蛉(974頃)上「おなじつごもりに、あるところに、おなじやうにて、まうでけり。ふたはさみづつ、下のに、〈略〉かみのに」
⑤ 都から離れている地域でも、その内で都に近い所。「上毛野(かみつけの)」「上総(かみつふさ)
[五] 程度や等級、場所などが上位であること。
① 人物や品物がすぐれていること。また、そのさま。
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)五「此鑓が直打物(ねうちもの)。何(なん)と上(かミ)でござりませうが」
② 等級などが上位であること。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉九「お職から上等(カミ)八枚中等(なか)九名が残らず呼出し」
③ 上位の座席。上座(かみざ)
※栄花(1028‐92頃)若ばえ「母屋は南をかみにし、廂は西をかみにしたり」
④ (台所、勝手などを下(しも)というのに対して) 客間、座敷、客席などの称。
※浮世草子・好色一代男(1682)六「上(カミ)する女に、心をあはせ、小座敷に入て語りぬ」
[六] (歌舞伎、演劇などで) 「かみて(上手)」の略。→かみのかた(方)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かみ‐・す【上】
〘自サ変〙 (「かみ」は、台所などの「しも(下)」に対していう) 座敷や奥向きなどの仕事をする。特に、揚屋(あげや)などで、夜具の始末や座敷の掃除をして客の世話をする。
※浮世草子・好色一代男(1682)六「上(カミ)する女に心を合はせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かむ【上】
〘名〙 ⇒かん(上)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か・る【上】
〘自ラ四〙 日本音楽で、基本の音より高い調子にすることをいう。⇔める
※習道書(1430)「若声(にゃくせい)はいまだわらんべ声にて、盤式がかりにかりて行く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん【上】
〘名〙 (「かむ」と表記) =かみ(上)
※書紀(720)神功摂政前(北野本訓)「其(そ)の国(くに)の女人(をむな)、四月(うつき)の上(カム)の旬(とをか)に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう シャウ【上】
〘名〙 (「しょう」は「上」の漢音)
① うえ。かみ。じょう。〔和英語林集成初版)(1867)〕
② 天子。じょう。〔和英語林集成(初版)(1867)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう ジャウ【上】
[1] 〘名〙
① 場所や位置が高いところ。うえ。かみ。
※遠西観象図説(1823)上「之(し)上 ボーヘン」⇔下(げ)
② 位や官職が高いこと。上位であること。
※続日本紀‐大宝元年(701)三月二二日「又服制〈略〉直冠上四階深緋、下四階浅緋」
④ 普通のものとくらべて、価値、程度がそれよりすぐれていること。⇔下(げ)
※風姿花伝(1400‐02頃)三「能に上・中・下の差別あるべし」
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「上(ジャウ)の旅籠なれば」 〔書経‐禹貢〕
⑤ 順序で、早く現われる方。順番が先であること。いくつかある中の第一。
※古今(905‐914)「春哥上」
※初すがた(1900)〈小杉天外〉三「多分、来月の上(ジャウ)からになりませうよ」 〔書経‐舜典〕
⑥ たてまつること。のせること。進物などの上包の紙に書く語。
※源氏(1001‐14頃)橋姫「かへり給ひてまづこの袋を見給へば、唐の浮線綾(ふせんりょう)を縫ひて、上といふ文字をうへに書きたり」 〔史記‐封禅書〕
※史記抄(1477)一二「平上去入の四声は、梁沈約からこそ定たれども」
※古事記(712)上「阿那邇夜志(あなにやし)(え)袁登古袁(をとこを)
⑨ 横笛の八孔の一つ。五の次の穴をいう。
※徒然草(1331頃)二一九「上(じゃう)の穴双調(さうでう)、次に鳧鐘調(ふしょうでう)をおきて、夕(さく)の穴、黄鐘調(わうじきでう)なり」
⑩ 謡曲などの音階名。上音(じょうおん)
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「いや先まってくだんせ なふゥかなしやとなくこゑばかり」
⑪ 各種評判記で用いられる記号。「上」の字を白く抜いたり、黒く塗ったり、また、それらを組み合わせたりして、役者、遊女などの位付けを表わす。
※評判記・野良立役舞台大鏡(1687)荒木与次兵衛「上 荒木与次兵衛」
[2] 〘語素〙 漢語名詞に付いて、…に関する、…の点で、…の上で、の意を表わす。
※花柳春話〈織田純一郎訳〉題言(1878‐79)〈成島柳北〉「然らば則全地球上一切情界のみ」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「政治上にも社会上にも、無暗(むやみ)に政略といふ事が行はれて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう・びる ジャウびる【上】
〘自バ上一〙 上品になる。品よくなる。上等になる。「げびる」に対していう語。
※言国卿記‐明応二年(1493)正月一六日「近比上ひたる御進退也」
※浮世草子・立身大福帳(1703)六「かやうに次第に物が上びては、大坂の人の内証が、よはふなるはづの事なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のぼ・す【上】
[1] 〘他サ下二〙 ⇒のぼせる(上)
[2] 〘他サ五(四)〙
① 低い所から高い所へ移動させる。あげる。
※説経節・説経苅萱(1631)中「のほすれはおやまの御はっとそむく」
② 人や物を地方から都へ送りやる。
※天草本平家(1592)四「ダイクヮン トシテ ヲトトノ ノリヨリト、ヨシツネヲ noboite(ノボイテ) ソレヲ シヅミョウト セラルルヲ キイテ」
③ 位をひきあげる。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「列印の軍に赴むきその隊中に入りけるが、やがて軍吏に升(ノボ)されたり」
④ いい気にさせる。おだてる。また、夢中にさせる。
※評判記・色道大鏡(1678)六「今もあだめく女郎、色あるおとこにのぼしたてられなば」
⑤ ことばにして表わす。取り上げて示す。また、物事を公の場に出す。「梓(し)に上す」「舞台に上す」
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「欽哉の好んで口に上(ノボ)すのは、〈略〉形而上の話題が多い」
⑥ ある事を頭に浮かべる。
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉帰ってから「わが隣にゐる昔の人を、〈略〉全く意識に上(ノボ)す暇もなく」
[3] 〘自サ四〙 ぼうっとなる。上気する。
※浄瑠璃・傾城反魂香(1708頃)中「買ひ手のお身もすたらず女郎ものぼさぬ様に、梶を取が引舟目の」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のぼら・す【上】
〘他サ五(四)〙
① =のぼす(上)(二)①
② =のぼす(上)(二)④
※浮世草子・好色万金丹(1694)三「随分のぼらして手に入るやうにはなされいで、今宵は振り姿と見えました」
③ 感情などを表に表わす。
※富士のみえる村で(1951)〈金達寿〉「顔に激憤の色をのぼらしてじいっと耐えていた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へ【上】
〘名〙 (「え」と発音することもある) あるものや場所の表面、上、また、その近く、そのあたりなどの意を表わす。
※古事記(712)下・歌謡「つぎねふや 山城川を 川のぼり 我がのぼれば 川の倍(ヘ)に 生ひ立てる さしぶを さしぶの木」
[補注](1)「…のへ」という形だけが見られ、「うへ(上)」の変化したものと考えられるが、逆に語頭母音音節のない「へ」の形の方が「うへ」の原型という説もある。
(2)「辺」の意の「へ」は、上代特殊仮名遣では甲類、「上」は乙類であるが、「かわべ(川辺)」の「へ」に甲乙両様が見られるように、紛れることもなかったとは言い切れない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.