Rakuten infoseek

辞書

上野【うえの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上野
うえの
三重県西部伊賀市中西部の旧市域。上野盆地のほぼ中央,柘植川と服部川の合流点に位置する。 1941年上野町など7町村が合体して市制。 1950~57年,府中村,猪田村,友生村,中瀬村の一部,花垣村,依那古村,比自岐村,丸柱村の一部,神戸村,古山村の一部を編入。 2004年伊賀町,島ヶ原村,阿山町,大山田村,青山町と合体して伊賀市となった。中心市街地の上野は古くから軍事,経済上の要地で,慶長 13 (1608) 年藤堂高虎が入封,同 16年徳川家康の命により上野城 (城跡は国指定史跡) を大幅に改修,拡充し,城下町を開いた。農業を中心に酒造業や,組紐,和傘,伊賀焼などの伝統工業がある。名阪国沿いには電機部品,繊維,食料品などの工場が立地。東部に伊賀国分寺跡 (国指定史跡) があるほか敢国神社など式内社が多く,御墓山古墳,長楽山廃寺跡,崇広堂 (以上国指定史跡) などもある。松尾芭蕉の出身地で,生家,遺品を集めた俳聖殿,高弟服部土芳の草庵である蓑虫庵がある。また江戸幕府の隠密として活躍した伊賀忍者 (→伊賀者 ) の拠点としても知られ,現在も百地砦,忍者屋敷が残る。鍵屋ノ辻は荒木又右衛門の伊賀越仇討ちの地。北西部にある高倉神社と果号寺のシブナシガヤは国の天然記念物。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上野
うえの
沖縄県西部,宮古島市南部の旧村域。宮古島南部にある。 1948年下地村の一部が分離して成立。 2005年平良市,城辺町,下地町,伊良部町と合体して宮古島市となる。上野,野原新里,宮国の4地区からなる。サトウキビ,タバコ栽培と肉用牛飼育が行なわれる。近海サンゴ礁暗礁が多く,宮国沖合いでドイツ遭難船を救助 (1873) した話は博愛美談として知られ,海岸にその記念碑がある。地域活性化のため,1993年ドイツ文化村が開設された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上野
うえの
東京都台東区西部にある上野恩賜公園不忍池,上野広小路付近一帯の総称。江戸時代徳川家の廟所寛永寺建立により発展。寺域は明治維新上野公園として開放され,1924年に宮内省から東京市に下賜され上野恩賜公園と改称された。東京国立博物館国立科学博物館東京都美術館上野動物園東京文化会館国立西洋美術館東京芸術大学などの文化・教育諸施設が集中。上野周辺から広小路にかけては浅草と並ぶ庶民的繁華街。旅館,食堂,衣料店などが並ぶ。不忍池の弁財天は庶民信仰の対象として有名。湖畔には料亭,料理店が立地。JR上野駅は東北本線,常磐線,高崎線,上信越線などの列車起点で東京の北玄関となっていたが,東北新幹線上越新幹線の東京―上野間の開業によりその役割が代わった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上野
うえの
愛知県西部,東海市の北半分を占める地区。北は天白川で名古屋市と境し,かつては天白川沿いの沖積地と西部の海岸低地米作フキ,トマトなどの野菜栽培が行われていた。第2次世界大戦後,名古屋南部臨海工業地域の埋立て地が造成され,中京工業地域最初の銑鋼一貫作業の製鉄所が立地した。またその用地の行政的帰属問題で紛糾し,1969年に南の横須賀町と合体して東海市が成立。現在丘陵地のミカン畑は宅地化が進み,低地では米作のほかタマネギなどの野菜栽培が行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うえの【上野】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うえの【上野】[三重県の旧市名]
三重県西部、上野盆地の中心にあった市。もと藤堂氏の城下町。芭蕉生地窯業機械工業が盛ん。平成16年(2004)に周辺町村と合併して伊賀市となった。→伊賀

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうずけ〔かうづけ〕【上野】
《「かみつけの(上毛野)」の「かみつけ」の音変化》旧国名の一。東山道の一国。現在の群馬県にあたる。上州

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うえの【上野】[東京都の地名]
東京都台東区西部の地域。寛永寺上野公園アメ横がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

上野
群馬県多野郡上野村にある道の駅。国道299号に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うえの【上野】
東京都台東区西部の地名。武蔵野(山手)台地最東端に当たる上野山およびその周辺を指す。この台地は忍ヶ岡(しのぶがおか)とも呼ばれた。江戸時代初期に伊賀上野を領していた藤堂高虎らの屋敷があったため,上野の地名がついたといわれるが,周囲の低地から見て上野と名づけられたともいう。1625年(寛永2)に天海(慈眼大師)によって東叡山寛永寺が建てられ,清水堂付近は奈良の吉野山から移植された桜の名所となった。台地の南西下にあった潟湖は整備されて不忍池(しのばずのいけ)となり,周囲の低地は埋め立てられて町屋武家屋敷ができた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あがの【上野】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うえの【上野】
東京都台東区西部、公園地区・商店街の総称。江戸期以来の繁華街・行楽地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うえの【上野】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうずけ【上野】
かみつけの(上毛野)の略かみつけの転 旧国名の一。群馬県全域にあたる。上州。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うえ‐の うへ‥【上野】
[1] 〘名〙 集落などの上手(かみて)にある野原。
※虎明本狂言・仁王(室町末‐近世初)「さらばおっつけわごりょはうへのへゆかしめ」
[2]
[一] 三重県北西部、伊賀盆地の地名。江戸時代は藤堂氏の城下町。芭蕉の生地。また、伊賀流忍術ゆかりの地。昭和一六年(一九四一)市制。平成一六年(二〇〇四)伊賀町など五町村と合併して伊賀市となる。→伊賀上野
[二] 東京都台東区西部の地名。東叡山寛永寺、上野公園、上野動物園、不忍池などがある。桜の名所。忍ケ岡。忍ケ森。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうずけ かうづけ【上野】
(「かみつけの(上毛野)」の変化した語) 東山道の一国。現在の群馬県にあたる。北は岩代・越後、西は信濃、南は武蔵、東は下野に接する。大化改新後、毛野(けの)国が上・下に二分し、上毛野国と下毛野国となった。古代は東国経営の拠点となり、戦国時代は北条・上杉・武田氏の抗争の場となる。江戸時代は幕府領と小藩に分立。廃藩置県後九県に分かれ、明治九年(一八七六)群馬県となる。上州。上毛。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上野の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.