Rakuten infoseek

辞書

上荷船【うわにぶね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上荷船
うわにぶね
貨物の出入りの多い港湾にあって,沖に停泊した商船の荷物を積卸しまたは積込みを専門に行う小荷船。瀬取船 (せとりぶね) ,茶船ともいい,小は 10石積みから大は 100石積み級まであったが,港湾の事情により船型,大きさとも相違する点が多い。近世では大坂の上荷船 (20石積み) が有名で,江戸では瀬取茶船と呼んだ。なお,大坂では市中の川筋を往来して荷物を運搬する船も上荷船といい,さらに淀川で過書船とともに就航していた川船をも淀上荷船と呼んだが,これらは特別な例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うわに‐ぶね〔うはに‐〕【上荷船】
江戸時代、主に大坂で、本船波止場との間を往復して、荷物の積み卸しをした喫水の浅い船。京都・大坂間の川運漕にも用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

上荷船
 江戸時代に港と船の間を往復して、荷物を積み下ろしするのに使っていた小船のことです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うわにぶね【上荷船】
江戸時代の瀬取り船の一。本船と波止場との間を往復して、荷物の積み下ろしに使われる二、三〇石積みの小型荷船。大坂では瀬取り用のほかに町なかの河川での運搬用に多く用いた。 → 茶船ちやぶね

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上荷船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上荷船の関連情報

他サービスで検索

「上荷船」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.