Rakuten infoseek

辞書

上腕二頭筋【じょうわんにとうきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上腕二頭筋
じょうわんにとうきん
biceps muscle of arm
主としてを曲げる運動を行い,前の外旋運動を補助する筋肉長頭短頭があり,外側の長頭は肩甲骨の関節上結節や関節唇から起る。短頭は烏口突起から起って上腕骨中部で両頭が合流し,橈骨粗面に付着する。一部は上腕二頭筋腱膜となって,前腕筋膜の上内側に入る。肘を伸ばすときに働く上腕三頭筋に拮抗する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょうわん‐にとうきん〔ジヤウワン‐〕【上腕二頭筋】
上腕の前側の大きな筋肉。肩甲骨橈骨(とうこつ)とについており、肘(ちゅう)関節を屈曲させ、力こぶとなり、また手を外旋させる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうわんにとうきん【上腕二頭筋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうわんにとうきん【上腕二頭筋】
上腕の前面にある筋。長・短の二頭がある。収縮時には、いわゆる力こぶとなる。二頭膊筋にとうはつきん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうわん‐にとうきん ジャウワン‥【上腕二頭筋】
〘名〙 上腕の前面にある大きな筋肉。上腕を前方に引き上げるはたらきをする。この筋肉が収縮したときに、いわゆる「力瘤」が現われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上腕二頭筋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上腕二頭筋の関連情報

他サービスで検索

「上腕二頭筋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.