Rakuten infoseek

辞書

上等【ジョウトウ】

デジタル大辞泉

じょう‐とう〔ジヤウ‐〕【上等】
[名・形動]
物の品質や出来ばえなどが、すぐれてよいこと。また、そのさま。優秀。「上等な品」⇔下等
申し分がないさま。結構。上出来。満足。「マラソンで10着に入れば上等だ」
等級が上であること。等級が上のもの。
「船賃は―にて十円か十五円」〈福沢福翁自伝
[補説]2は、「喧嘩上等」「左遷だって。上等じゃないか」のように、一般には避けるのが普通の物事に向こう見ずに飛びついたり、落胆するような場面でそれがどうしたと居直ったりする気分で使うことがある。
[派生]じょうとうさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じょうとう【上等】
名 ・形動 [文] ナリ 
上の等級であること。また、そのもの。 -は浴衣ゆかたをかして、流しをつけて八銭で済む/坊っちゃん 漱石
品質・状態などがすぐれている・こと(さま)。 これだけ出来れば-だ -な服
▽⇔ 下等

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐とう ジャウ‥【上等】
〘名〙
① 上の等級。上位。
※法華義疏(7C前)三「領上等与大車
※文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉初「上等(トウ)の婦人は、一人で歩行する事も出来ず」 〔周礼‐秋官・司儀〕
② 特に乗物や催しもので、その室料、席料、切符の値段などの高いもの。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一四「乗り合ひの賃銭は上等中等を別にして」
③ (形動) 物などの状態、性質、品質、また、品性などが優れていること。立派なこと。また、そのさま。優等。
※読本・英草紙(1749)四「我上等(〈注〉ナカデヨキ)の衣首飾、常に債(おひめ)の家に当て遣りて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上等」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上等の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.