Rakuten infoseek

辞書

上空【ジョウクウ】

デジタル大辞泉

じょう‐くう〔ジヤウ‐〕【上空】
空の上の方。また、ある地点の上にある空。「上空に舞いあがる」「東京の上空

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じょうくう【上空】
空の上の方。また、ある地点の上に広がる空。 「 -には一点の雲もない」 「大島の-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うわ‐の‐そら うは‥【上空】
〘名〙
① 空の上の方。天の上。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「山のはの心もしらでゆく月はうはの空にて影やたえなむ」
② (形動) 心がうきうきして落ち着かないさま。よそに心が奪われて、あることに注意が向かないこと。
※源氏(1001‐14頃)薄雲「うはの空なる心ちのみしつつあかしくらすを」
③ (形動) 漠然として雲をつかむようなさま。根拠のないこと。
※是貞親王歌合(893)「かりのなくうはの空なる涙こそ秋の袂の露とおくらめ」
④ (形動) 軽々しいさま。無責任なこと。
※落窪(10C後)二「かくうはの空に御局あるまじかめるものを、いといとほしきわざかな」
※浄瑠璃・凱陣八島(1685頃)四「恋の山、ちくさに思ひあまりてや、うはのそら成御有様」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐くう ジャウ‥【上空】
〘名〙 そらの上の方。高いそら。また、ある地点の上にあるそら。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生と虚空「其音飈の如し忽ちにして上空に消逸す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上空」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上空の関連情報

他サービスで検索

「上空」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.