Rakuten infoseek

辞書

上着【ウワギ】

デジタル大辞泉

うわ‐ぎ〔うは‐〕【上着/上衣/表着/衣】
上下に分かれた衣服のうち、上半身に着るもの。
衣服を重ね着したときのいちばん上に着るもの。
女官が正装のとき、打ち衣(ぎぬ)の上、唐衣(からぎぬ)小袿(こうちぎ)の下に着る。うわがさね。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うわぎ【上着】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

うわ‐ぎ うは‥【上着】
〘名〙
① 衣服を重ねて着る時に、一番外側に着る衣服。
※散木奇歌集(1128頃)冬「柴の庵のねやのあれまにもる雪は我がかりそめのうはぎなりけり」
② 中古以来の女房装束で、重袿(かさねうちき)の一番上に着る袿(うちき)。ふつう、五衣(いつつぎぬ)の上、唐衣(からぎぬ)もしくは小袿(こうちき)の下になる。上襲(うわがさね)。⇔下着(したぎ)
※本居本宇津保(970‐999頃)内侍督「からの御ぞ、おほんうはぎなどいへばさらなり」
③ 女房装束で、袴(はかま)に対し、上から腰をおおうもの。裳(も)
※栄花(1028‐92頃)根合「袴(はかま)も同じ紅葉(もみぢ)の打ちたる、うはぎも白き」
④ 近世以後の服装で、一番上に重ねて着る小袖。⇔下着(したぎ)
※虎明本狂言・薬水(室町末‐近世初)「うはぎが似合ぬ、とらう」
⑤ 明治以後、洋服で、ズボンなどに対し上半身に着る外側の衣服。
※暴夜物語(1875)〈永峰秀樹訳〉黒島王の伝「其計を行はんと上袍(ウハギ)を脱(ぬ)ぎて、軽装(みがる)に打扮(いでた)ち」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐ちゃく ジャウ‥【上着】
〘名〙 他の地方から上方地方へ到着すること。〔文明本節用集(室町中)〕
※上杉家文書‐大永四年(1524)一〇月九日・斯波政綿書状「仍已前者使者上着之砌、無其煩御懇之儀、祝着無他候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上着」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上着の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.