Rakuten infoseek

辞書

上田城【うえだじょう】

日本の城がわかる事典

うえだじょう【上田城】
長野県上田市にあった平(ひらじろ)。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。安土桃山時代の真田氏の居城で、江戸時代には上田藩の藩庁が置かれた。1583年(天正11)に、甲斐武田氏旧臣の真田昌幸が築いた。徳川氏は、1585年(天正13)と1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いの直前の2度にわたり同城を攻めたが撃退された。この戦いは第一次および第二次上田合戦と呼ばれる。関ヶ原の戦い後、真田昌幸と次男の信繁(真田幸村)は西軍に与したため死罪を命じられたが、本多忠勝らの嘆願で高野山に、のちに九度山に流罪となり、上田城は徳川氏により破壊された。関ヶ原の戦いで東軍に与した昌幸長男の真田信之(信幸)が上田藩主となり、三の丸跡に陣屋を構えた。その後、真田氏が信濃国松代に転封すると仙石氏が入城し、破却された上田城を現在残る姿に再建した。本丸の煤と柿渋で防水した黒い下見板張を用いた3棟の櫓(やぐら)(南、北櫓、西櫓)などは、仙石氏の時代に整備されたものである。仙石氏3代の後、松平氏が入城して明治維新を迎えたが、城の遺構の破却と移築が進み、城内には石垣と櫓1棟だけが残る状態になった。昭和に入り、移築されていた櫓2棟が本丸の元の位置に復元され、さらに平成に入って櫓門や塀などが復元された。現在、旧二の丸が上田城跡公園として整備されている。本丸跡には、明治に建立された歴代城主を祀る松平神社(真田神社とも呼ばれる)がある。藩主居館のあった三の丸跡は上田高校の敷地となっており、ここには松平氏時代の屋敷門とが残されている。JR長野新幹線・しなの鉄道・上田電鉄別所線上田駅から徒歩約12分。◇尼ヶ淵城、真田城とも呼ばれる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うえだ‐じょう〔うへだジヤウ〕【上田城】
上田市にある旧上田藩の城。天正11年(1583)から同13年にかけて真田昌幸(さなだまさゆき)築城。二度の徳川軍との戦いののちに破壊。元和8年(1622)仙石忠政(せんごくただまさ)が入封して再建。3基の櫓(やぐら)が現存。尼ヶ淵城。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

うえだじょう【上田城】
長野の日本酒。キレのある本醸造酒辛口普通酒がある。原料米は一般米。仕込み水は菅平水系の伏流水蔵元の「岡崎酒造」は寛文5年(1665)創業。所在地は上田市中央。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うえだじょう【上田城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

上田城
うえだじょう
戦国期から江戸期の城。長野県上田市二の丸にある。平城(ひらじろ)。別称尼ヶ淵城。真田昌幸(さなだまさゆき)・幸村(ゆきむら)(正しくは信繁(のぶしげ))父子が、二度にわたる徳川方の大軍を撃退した城として有名である。1583年(天正11)から85年にかけて真田昌幸によって築かれ、完成直後徳川軍の猛攻を受けたが、これを迎え撃ち、さらに1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いの際も徳川秀忠(ひでただ)の攻撃を跳ね返し、秀忠を釘(くぎ)づけにしている。のち、徳川方に属していた昌幸の長子信之(のぶゆき)が入城したが、1622年(元和8)松代(まつしろ)に移封され、かわって仙石忠政(せんごくただまさ)が小諸(こもろ)より入り、さらに1706年(宝永3)松平忠周(ただちか)が入り、以後松平氏が幕末まで7代続いた。現在、仙石氏時代に築かれた櫓(やぐら)が3基(南櫓、北櫓、西櫓)残る。[小和田哲男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

上田城
(長野県上田市)
日本100名城指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うえだ‐じょう うへだジャウ【上田城】
長野県上田市にあった城。天正一一年(一五八三)真田昌幸が千曲川に臨む尼ケ淵に築城。寛永三年(一六二六)仙石忠政が修築。宝永三年(一七〇六)松平忠周が五万三〇〇〇石ではいり、明治維新に至る。櫓(やぐら)三基、堀、石垣などが現存。国史跡。伊勢崎城。尼ケ淵城。真田城。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上田城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上田城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.