Rakuten infoseek

辞書

上流【カミリュウ】

デジタル大辞泉

かみ‐りゅう〔‐リウ〕【上流】
茶道の流派で、京都の上京(かみぎょう)に住した千家流のこと。→下流(しもりゅう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐りゅう〔ジヤウリウ〕【上流】
川の流れの、源に近い方。また、源に近い部分。かわかみ。⇔下流
社会的地位・生活程度などの高い階級。「上流家庭」⇔下流

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かみりゅう【上流】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かみりゅう【上流】
茶道で、三千家のこと。下京に住んだ藪内家に対して、上京に住したのでいう。 → 下流しもりゆう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょうりゅう【上流】
川の流れの水源に近い部分。川上。みなかみ。
社会における地位・生活程度・教養などの高い階層。 「 -の家庭」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うわ‐ながし うは‥【上流】
〘名〙 家の内、床の上で用いる炊事用流し台。
※歌舞伎・盟三五大切(1825)大詰「勝手道具、炬燵櫓(こたつやぐら)、上流(ウハナガ)し、〈略〉その外、いろいろの道具を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かみ‐りゅう ‥リウ【上流】
〘名〙 茶道千家(せんけ)をいう。京都の上京(かみぎょう)に家元がいたところからの名称で、下京の藪内家に対していう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐りゅう ジャウリウ【上流】
〘名〙
① 川の流れのに近い部分。みなかみ。かわかみ。⇔下流
※日本外史(1827)一一「謙信分兵渡上流、出甲斐軍後
※新聞雑誌‐二三号・明治四年(1871)一二月「上流は巨石犖确(らくかく)水勢之が為に迸激(はうげき)し」 〔史記‐淮陰侯伝〕
② 上の階級。社会的地位、経済力、教養などの高い階層。上流階級。⇔下流
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「元と此戦争の起る源因は、国内上流の士君子、売奴の旧悪習を悪み」 〔羅隠‐題方干詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上流の関連情報

他サービスで検索

「上流」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.