Rakuten infoseek

辞書

上泉伊勢守【かみいずみいせのかみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上泉伊勢守
かみいずみいせのかみ
[生]?
[没]天正1(1573).大和,柳生
室町時代後期の兵法家。名は秀綱,のち信綱。上野箕輪城主長野業盛に仕え,愛洲陰流刀槍を学び,神陰流を創始した。永禄6 (1563) 年2月業盛の死後,武田信玄に仕えたが,剣法修行のため諸国遊歴の旅へ出た。門人には,柳生宗厳,疋田文五郎,神後伊豆守らがおり,いずれも一派を形成した。特に柳生宗厳の新陰流がその子宗矩にいたって江戸幕府の保護のもとに強大になると,上泉伊勢守は剣聖と仰がれ,近世武術の祖といわれるようになった。 (→塚原卜伝 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上泉伊勢守
こういずみいせのかみ
上泉伊勢守」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

上泉伊勢守 こういずみ-いせのかみ
?-1573 戦国-織豊時代の剣術家。
上野(こうずけ)(群馬県)勢多郡(せたぐん)上泉の人。箕輪(みのわ)城主長野業盛(なりもり)につかえる。戦功がおおく,上野国一本槍と称される。愛洲(あいす)陰流の刀槍術をまなび,新陰流をひらく。長野氏滅亡後は諸国を遊歴し,柳生宗厳(やぎゅう-むねよし),宝蔵院胤栄(いんえい)らに技をつたえた。天正(てんしょう)元年死去。名は秀綱,信綱。は「かみいずみ」ともよむ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かみいずみいせのかみ【上泉伊勢守】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

上泉伊勢守」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上泉伊勢守の関連情報

関連キーワード

天正元亀安土桃山時代(年表)朝倉氏岩成友通三好義継篠原長房島井宗室若江城小谷城跡

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.