Rakuten infoseek

辞書

上根【うわね】

盆栽用語集

上根
土の表面根張りとなっている根や、表面に近い根をいう。日光でよく暖まるので発育が早い。

出典:(株)近代出版
Copyright(C)2009 Kindai Shuppan co., ltd All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう‐こん〔ジヤウ‐〕【上根】
[名]仏語。仏道を修める性質・能力がすぐれていること。上機根。「上根上智」→中根下根(げこん)
[名・形動ナリ]根気のいいこと。また、そのさま。
「さてもこなたは―な事ぢゃ」〈咄・御前男・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じょうこん【上根】
( 名 )
〘仏〙 仏道修行の素質・能力のすぐれたもの。上機根。上機。 「これみな難行-のつとめ観念成就のさとりなり/歎異抄」 → 中根下根
( 名 ・形動ナリ )
根気のよい・こと(さま)。 「さてもこなたは-な事ぢや/咄本・御前男」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐こん ジャウ‥【上根】
〘名〙
① (形動) (「上機根(じょうきこん)」の意) 仏語。すぐれた能力・資質。すぐれた能力のあること。また、その人。上機。⇔下根
※法華義疏(7C前)一「又或有衆生。執理惑教。即同上根
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)二「糞掃衣(ふんぞうえ)常乞食(じゃうこつじき)は是れ上根の所行」
※幸若・大織冠(室町末‐近世初)「上代はきも上こむにして、ちへも大智恵なるべし」 〔法華文句‐四上〕
② (形動) 根気のよいこと。忍耐強いこと。また、そのさま。
※浮世草子・西鶴織留(1694)四「医書を才覚して写し本にする程のじゃうこんなくては」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上根」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上根の関連情報

他サービスで検索

「上根」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.