Rakuten infoseek

辞書

上弦【じょうげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上弦
じょうげん
first quarter
新月から満月へいたる間の月。右半分 (西側) が輝いている。月の入りではそのが上になる。 (→下弦 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう‐げん〔ジヤウ‐〕【上弦】
新月から満月に至る間の半月(はんげつ)太陽の90度東にあり、月の西半分が輝く。日没時南中し、真夜中に弦を上にして沈む。上弦の月 秋》下弦

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうげん【上弦 first quarter】
月の視黄経が太陽のそれより90゜だけ大きくなったとき,またはこれを含む日をいう。このころの月(上弦の月)は,中・低緯度帯では,昼ごろに東天に昇り,夕刻に南中,夜半に沈む。太陽が月面を真横から照らすために,月は半円形に見える。これを弓と見ると,月没時には弦の部分が上向きになる。輝面は満月の1/2であるが,明るさは1/12である。なお,〈上弦の月〉は新月から満月までの間に見られる宵の月というほどの意味にも用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうげん【上弦】
新月から満月に至る中間頃の月。陰暦の上旬7日、8日頃、太陽との黄経差が90度になる時の月。日本では月の右半分が膨らみ、入りの際半月の弦が上向きとなる。 ⇔ 下弦

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐げん ジャウ‥【上弦】
〘名〙 陰暦で七日頃の月。また、その頃。新月のあと、右半円状に見え、西半分が輝いて見える月。新月と次の満月の中間の頃。上(かみ)の弓張り。上弓張(かんつゆむはり)。⇔下弦。《季・秋》
※田氏家集(892頃)上・早秋「七月上弦旬満時、人間半熱半冷颸」
※海道記(1223頃)大岳より「鈴鹿上弦の月峯にかかり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上弦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上弦の関連情報

他サービスで検索

「上弦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.