Rakuten infoseek

辞書

上場廃止【じょうじょうはいし】

知恵蔵

上場廃止
株式非公開化」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

上場廃止
証券取引所が投資家保護のため、経営危機や不祥事などで市場取引が適当ではないと判断した上場企業株式を、取引対象でなくすること。東京証券取引所上場廃止基準は、少数特定株主が大半を保有▽時価総額が10億円未満など▽2期連続で債務超過有価証券報告書虚偽記載監査法人不適正意見などがあり、影響が重大▽破産民事再生手続きなどがある。廃止基準に触れる可能性がある場合、取引所は「監理ポスト」に移して投資家に注意喚起する。廃止決定後も1カ月間は「整理ポスト」で売買できる。
(2007-03-13 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

じょうじょう‐はいし〔ジヤウヂヤウ‐〕【上場廃止】
上場している株式が、証券取引所金融商品取引所)の上場適格要件を満たさないなどの理由で売買されなくなること。企業自らが廃止を希望する場合もある。通常廃止対象の株式は、一般投資家に周知徹底するために監理銘柄整理銘柄などの指定割当を受ける。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

上場廃止
上場している企業が、上場するに適当でなくなった場合や、自ら廃止を希望して、証券取引所で売買されなくなることをいう。上場廃止の事実を株主等に周知させるために、一定期間、監理ポスト・整理ポストにおいて、その銘柄の売買を行わせることができる。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

会計用語キーワード辞典

上場廃止
上場している企業が、上場するに適当でないと判断された場合や、自ら廃止を希望して証券取引所で売買されなくなることをいいます。上場廃止の事実を株主等に知らせるために、一定の間、監理ポスト・整理ポストにおいて、その銘柄の売買を行わせることができます。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

世界大百科事典 第2版

じょうじょうはいし【上場廃止】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

上場廃止
じょうじょうはいし
delisting
証券取引所に上場している銘柄について、取引所での取引が行われなくなること。上場廃止には、大別して証券取引所の規程に基づく場合と、上場会社自らの意思による場合とがある。いずれにせよ、上場廃止となれば取引停止措置がとられ、投資家は当該銘柄を証券取引所で売買することができなくなる。
 証券取引所は、上場後も上場銘柄について上場監理を行っている。それは、上場銘柄の情報開示などが適切に行われているかどうかを、投資家保護策の一環として常時チェックする必要があるからである。証券の上場時には上場審査基準が設けられているが、なんらかの事情でそれらの基準を満たせなくなった銘柄は上場廃止の対象となる。その場合、上場時と同様、各証券取引所によって金融商品ごとに上場廃止基準が定められており、この基準に該当した場合は、上場会社の意思とはかかわりなく上場廃止措置がとられる。
 一般に、具体的な上場廃止基準は、(1)株式の流通量、(2)違法行為(有価証券報告書の虚偽記載等)、(3)経営内容(債務超過等)などの観点を中心に定められている。たとえば、上場株式が取引所で円滑に取引されるためには、公正な価格形成を促すうえでも、ある水準以上の取引量が安定して維持されている必要がある。また、株主数が極端に少ないと、経営意思決定に恣意(しい)の介在が懸念されるなど、一般株主の利益を阻害しかねない。同様に、有価証券報告書等に提出の遅延や虚偽記載があった場合は、投資家の判断に重大な影響を与えることとなる。さらに、経営破綻(はたん)(倒産)などで企業が消滅すると、投資家は保有証券の売却による資金回収がおぼつかなくなる。
 これらの事態は証券の上場制度への信頼感を著しく毀損(きそん)することとなるため、その他の主要項目とともに上場廃止基準として明示されているのである。
 一方、上場企業自身が株式公開のメリットがなくなったと判断した場合は、証券取引所に対して上場廃止申請を行うことがある。具体的には、経営者が高頻度化する情報開示要請や上場維持コストの負担を過大と感じたり、経営・財務戦略を迅速かつ自由に立案・実施するうえで上場を桎梏(しっこく)ととらえたりするなどのケースがある。MBO(経営者や従業員が自社の株式を取得して事業経営を承継すること)はその行動の典型例の一つといえる。このほか、TOB(株式公開買付制度)などにより、完全子会社化が図られた場合にも、上場廃止となることがある。
 上場廃止は投資社会への影響が大きいことから、その事実を投資家に周知させるための手段が講じられている。上場廃止基準にあたるおそれがある場合や上場廃止申請を受けて審査中の場合は、監理銘柄に指定される。監理銘柄に指定されたもののうち、上場廃止が決定した銘柄は整理銘柄に指定される。つまり、上場廃止に向けた一般的な流れは、上場銘柄→監理銘柄→整理銘柄→上場廃止銘柄、といった道筋をたどる。
 なお、上場廃止銘柄は、それを保有する投資家にとっては著しく換金機会が低下することとなる。このため、上場廃止銘柄であっても、店頭取扱有価証券に該当し、証券会社が日本証券業協会(日証協)に届出のうえ、継続的に売り・買いの気配を提示している場合には、フェニックス銘柄として扱われることで、既存株主に対する換金の場が設けられている。フェニックス銘柄を取り扱う証券会社は、売り・買いの気配や売買の内容について日証協に報告を行うが、それらの情報は、同協会により公表されることになっている。[高橋 元]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上場廃止」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上場廃止の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.