Rakuten infoseek

辞書

上代語【ジョウダイゴ】

デジタル大辞泉

じょうだい‐ご〔ジヤウダイ‐〕【上代語】
上代の言語、また、単語国語史では、文献的に資料の得られる6世紀末から奈良時代までのそれをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じょうだいご【上代語】
日本語を書き記した文献が残存する六世紀末から奈良時代までの言語。主として、奈良時代における大和地方の貴族の言葉が反映されているが、万葉集の東歌あずまうた・防人歌さきもりうたを通して東国方言も知り得る。万葉仮名で書き分けられた上代特殊仮名遣いによって、現代より多くの音節が区別されていたことが知られている。基本的な語は概して音節数が少なく、後代には使われなくなった助詞・助動詞なども多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうだい‐ご ジャウダイ‥【上代語】
〘名〙 上代の言語、また、単語。国語史では、文献によって明らかにすることのできる最古の時代(主とて推古期以後)から奈良時代の終わりまでの言語、これに用いられている単語をいうが、特に、この時代特有の単語をとりたてて呼ぶこともある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上代語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上代語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.