Rakuten infoseek

辞書

上人【しょうにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上人
しょうにん
学識や人徳,すべてに卓越し,人々を導くにふさわしい高徳の僧侶をいう。ときに聖人と書いたり,上人と聖人とを区別して用いる場合もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐にん〔シヤウ‐〕【上人】
知徳を備えている、すぐれた僧。
「法橋(ほっきょう)上人位」の略。→法橋
浄土宗日蓮宗時宗で、敬称。「日蓮上人」「親鸞上人
寺院住職

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐にん〔ジヤウ‐〕【上人】
身分の高い人。また、道理のよくわかっている人。
「―は彼を呼んで才子となすも、下人は却て之を嫌忌す」〈織田訳・花柳春話

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うえ‐びと〔うへ‐〕【上人】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうにん【上人】
一般的には,智徳を備えた僧への敬称。また法橋上人位(ほつきようしようにんい)の略称。864年(貞観6)僧位三階(僧位)の一つとして法橋上人位が設けられ,僧官の律師階に相当した。この上人号は,後世,僧官制が乱れるとともに,諸宗民間転用かつ私用されるようになった。平安中期から本寺を離れて別所に隠遁したり,回国遊行して修行,作善勧進する僧が現れ,彼らを上人,聖人(ひじり)などとよぶことが一般化した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うえびと【上人】
殿上の間に昇殿を許された者。四位・五位の人および六位の蔵人くろうど。殿上人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうにん【上人】
修行を積み、智徳を備えた高僧。聖人。
僧侶の敬称。多く、天台宗・浄土真宗・時宗・浄土宗・日蓮宗でいう。
僧位の名。「法橋ほつきよう上人位」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょうにん【上人】
立派な人。身分の高い人。すぐれた人。 おいらが様な-の目にはさっぱり無疵/滑稽本・浮世風呂 4しょうにん上人

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うえ‐びと うへ‥【上人】
〘名〙 (「うえひと」とも) 昇殿を許された人。四位、五位の人および六位の蔵人(くろうど)。うえの男(おのこ)。殿上人。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「大殿、うへ人などしてわたり給ひぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐にん シャウ‥【上人】
〘名〙
① 智徳を備え、仏道の修行に励み、深大な慈悲心をそなえている高僧をいう。聖人(しょうにん)
※凌雲集(814)「謁海上人 従五位下行内膳正仲雄」 〔釈氏要覧‐称謂・上人〕
② 隠遁の高僧。
※壒嚢鈔(1445‐46)二「隠遁の僧を上人と書、又聖人と書は何れか正そ」
③ 僧位の名。法橋(ほっきょう)上人位の略。
※薩戒記‐応永三三年(1426)一〇月一七日「御祈願寺及上人号等之綸旨」
④ 僧侶の敬称。浄土宗、日蓮宗、時宗でいう。
※平家(13C前)一〇「ふたたび上人の見参にまかり入るべきで候けり」
※浮世草子・好色五人女(1686)一「正覚寺に入て上人をたのみ、十六の夏衣けふより墨染にして」
⑤ 江戸時代、天明(一七八一‐八九)頃、京都の遊郭で幇間(ほうかん)をいう隠語。
※談義本・つれづれ睟か川(1783)四「上人とさへいへば、髭のながい東山辺の和尚様ならんとおもひのほか、短い羽織きたたいこもち」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐にん ジャウ‥【上人】
〘名〙
① 身分の高い人。上流の人。また、物の道理をよくわきまえた人。
※仮名草子・古活字版竹斎(1621‐23頃)上「一条殿か二条殿の御公達と打見えて、上人おはします」
② 気だてのよい人。正直で温和な人。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.