Rakuten infoseek

辞書

上二段活用【カミニダンカツヨウ】

デジタル大辞泉

かみにだん‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【上二段活用】
文語動詞の活用形式の一。語形五十音図の「イ・ウ」の二段の音(または、それに「る」「れ」「よ」のついた形)で語形変化するもの。「エ・ウ」の二段に語形変化する下二段活用に対していう。例えば、「起く」の語尾が「き・き・く・くる・くれ・きよ」と変化する類。他に、「落つ」「過ぐ」「恥づ」「延ぶ」「報ゆ」など。文語の上二段活用の多くは、口語では上一段に活用する。→上一段活用

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かみにだんかつよう【上二段活用】
文語動詞の活用形式の一。語尾が、五十音図のイ・ウの二段にわたって活用するもの。例えば、「落つ」は「ち・ち・つ・つる・つれ・ちよ」と活用し、語尾に「ち」および「つ」が現れる。「起く」「恋ふ」「恨む」「悔ゆ」など。上二段活用の動詞の多くは、口語では上一段活用になる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみにだん‐かつよう ‥クヮツヨウ【上二段活用】
〘名〙 文語動詞の活用の型の一つ。未然・連用形の語尾がイ段、終止・連体・已然形はそれをウ段に変えて、さらに連体形は「る」、已然形は「れ」を添える。五十音図のイ段、ウ段の二段に活用するので、ウ段、エ段に活用する下二段活用に対していう。文語上二段の動詞は口語では原則として上一段に活用する。「恨む」のように中古以前上二段であったもので、後世、五段活用になったものもある。九州方言の一部では、いまだにこの活用が残存している。〔広日本文典(1897)〕
[補注]本居春庭が「詞の八衢」で「中二段の活」という名を用いているが、その後、黒沢翁満が「言霊のしるべ」で「上二段の活」と名づけた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上二段活用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上二段活用の関連情報

他サービスで検索

「上二段活用」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.