Rakuten infoseek

辞書

上一段活用【カミイチダンカツヨウ】

デジタル大辞泉

かみいちだん‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【上一段活用】
活用形式の一。語形が、五十音図の「イ」段の音(または、それに「る」「れ」「よ」「ろ」のついた形)だけで語形変化するもの。「エ」段だけで語形変化する下一段活用に対していう。文語口語ともにあり、例えば、「見る」が「み・み・みる・みる・みれ・みよ(文語)みろ(口語)」と変化する類。文語では、「着る」「似る」「見る」のような語幹語尾の区別のつかないものと、その複合語(「かえりみる」など)に限定されるが、口語では、これらのほか、文語で上二段活用の「起く」「落つ」なども基本形が「起きる」「落ちる」の形に変化して上一段活に含まれる。
[補説]五十音図の「ウ」の段を中心とし、「イ」の段を上一段、「イ・ウ」の段を上二段、「エ」の段を下一段、「ウ・エ」の段を下二段という。なお、活用語尾というときは、「る」「れ」「よ」「ろ」の上の音についていう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かみいちだんかつよう【上一段活用】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かみいちだんかつよう【上一段活用】
動詞の活用形式の一。語尾が五十音図のイ段を不変化部分とし、それに「る」「れ」「ろ」(文語では、「ろ」の代りに「よ」)の音が添加された形に活用するもの。「着る」「似る」「見る」(以上、口語・文語)「起きる」「落ちる」(以上、口語のみ)などの類。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみいちだん‐かつよう ‥クヮツヨウ【上一段活用】
〘名〙 動詞活用の型の一つ。文語では「着る・似る・見る」など、口語ではそのほか「起きる・落ちる・浴びる」などの活用をいう。未然・連用形が一音節でイ段、または未然・連用形の末の一音節がイ段で、他の活用形はこれに「る・れ・よ(ろ)」を添えた形。五十音図のイ段だけに活用するので、エ段だけに活用する下一段に対していう。文語でこの活用をもつものは二十余で、未然・連用形が一音節の語か、これを含んだ複合語である。口語では、文語上一段の動詞のほか、文語で上二段であった動詞もその大部分が含まれる。上二段の上一段化は鎌倉時代頃に始まり、近世後期に江戸語で一般的になる。そのほかサ変動詞のうちザ行の「感ず」「信ず」なども、「感じる」「信じる」のように上一段化した形が広まった。〔広日本文典(1897)〕
[補注]本居春庭が「詞の八衢」で「一段の活」という名を用いているが、その後、林圀雄が「詞の緒環」で下一段に対して「上一段の活」を説いた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上一段活用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上一段活用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.