Rakuten infoseek

辞書

三/参【サン】

デジタル大辞泉

さん【三/参】
数の名。2の次、4の前の数。みっつ。みつ。
3番目。第3。
三味線で、三の糸。
[補説]「参」は、主に証書などに金額を記すとき、間違いを防ぐために「三」の代わりに用いることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サン【三】
《〈中国語〉》数の、さん。みっつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さん【三】[漢字項目]
[音]サン(呉)(漢) [訓]み みつ みっつ
学習漢字]1年
〈サン〉
数の名。みっつ。「三角三脚三国三役
三番目。「三更三流三人称
みたび。三度。「三顧三振再三
何度も。「三嘆三拝九拝
三河(みかわ)国。「三州
〈み・みつ〉「三日月(みかづき)三日(みっか)三葉(みつば)
[名のり]かず・こ・そ・ただ・なお
[難読]三鞭酒(シャンパン)三和土(たたき)三十(みそ)三十(みそじ)三十日(みそか)三椏(みつまた)三幅(みの)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み【三】
さん。みっつ。数を数えるときの語。「ひ、ふ、、よ」
さん。みっつ。名詞の上に付けて用いる。「歳(みとせ)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

サン【三】
〔中国語〕
さん。みっつ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み【三】
みっつ。さん。物を数えるときなどに用いる。 「ひ、ふ、-、よ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みい【三】
〔「み」の転〕
数を順にとなえるときに用いる語。さん。みっつ。 「ひい、ふう、-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サン【三】
〘名〙 「三(さん)」の中国音。みっつ。江戸時代には拳(けん)の用語として用いられ、現代ではマージャン用語として用いられる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「真(ほんとう)の拳と云ふ物は一(イイ)(リャン)(サン)(スウ)(ウウ)(リウ)(チヱイ)(パマ)(クヮイ)といふものだっサ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み【三】
〘名〙
① 三つ。名詞・助数詞の前に付けて用いる。「三皿(みさら)」「三棟(みむね)」「三度(みたび)」など。
※古事記(712)下・歌謡「ありきぬの 美(ミ)(ヘ)の子が 捧がせる 瑞玉盞(みづたまうき)に」
物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの三。普通は「ひーーみーよー」のように長く発音する。みい。
年中行事秘抄(12C末)鎮魂祭歌「一(ひと)(ふた)(ミ)(よ)(いつ)(むゆ)(なな)(や)(ここの)(たりや)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みい【三】
〘名〙 (「み(三)」を延ばして発音した語) 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの三(さん)
※俳諧・西鶴五百韻(1679)何鞠「君か代は長の数よむひいふうみい〈西鶴〉 たはね木をつむ高き屋の内〈西吟〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三/参」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三/参の関連情報

他サービスで検索

「三/参」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.