Rakuten infoseek

辞書

三陸【さんりく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三陸
さんりく
岩手県南東部,大船渡市東部の旧町域。吉浜湾(よしはまわん),越喜来湾(おっきらいわん),綾里湾(りょうりわん)の 3湾と同名の 3地区が 1889年以来それぞれ 1村をなしていたが,1956年合体,三陸村となり,1967年町制施行,2001年西に隣接する大船渡市に編入された。沖合いは好漁場で海産物に恵まれ,乾燥物の「キッピン(吉浜)アワビ」は海外に知られていた。越喜来湾でのワカメホタテガイ養殖,吉浜湾の定置網漁業が有名。域内のほとんどを山林が占め,マツ,スギの美林が多く,北西部の山麓地帯は五葉山県立自然公園に属する。気象庁大気環境観測所など科学関連の施設がある。海岸部はリアス海岸で,綾里展勝地,千歳海岸などの景勝が続き,三陸復興国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんりく【三陸】
陸奥むつ・陸中・陸前の三国の称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三陸
さんりく
岩手県南東部、大船渡(おおふなと)市の一地区。旧気仙郡(けせんぐん)三陸町。旧三陸町は1956年(昭和31)綾里(りょうり)、吉浜(よしはま)、越喜来(おきらい)の3村が合併して三陸村となり、1967年町制施行。2001年(平成13)大船渡市に編入。太平洋に臨み、北は釜石(かまいし)市に接する。三陸鉄道リアス線、国道45号が南北に走る。東部は典型的なリアス式海岸で、死骨(しこつ)崎、首(こうべ)崎、脚(すね)岬、綾里崎の小半島が突出し、その間にV字型の唐丹(とうに)湾、吉浜湾、越喜来湾の湾入がみられる。漁業が主体で、ワカメやホヤの養殖や、マス、サケ、マグロなどの漁獲が行われる。吉浜のアワビは、かつて中国で吉浜鮑(キッピンハオ)として珍重され、小壁(こかべ)漁場はブリの定置網で知られた。越喜来に東北大学大学院理学研究科地震・噴火予知研究観測センター(三陸地震観測所)がある。海岸一帯は三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)域。[川本忠平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐りく【三陸】
[一] 明治元年(一八六八)陸奥国の分割によって成立した陸奥・陸中・陸前の三か国をあわせていう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐りく【三陸】
陸奥(むつ)陸中陸前の3国の称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三陸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三陸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.