Rakuten infoseek

辞書

三陸復興国立公園【さんりくふっこうこくりつこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三陸復興国立公園
さんりくふっこうこくりつこうえん
青森県岩手県宮城県の太平洋岸を中心とする自然公園。面積 146.35km2。1955年,岩手県普代村から釜石市までの海岸線などが陸中海岸国立公園として指定され,1964年釜石市から宮城気仙沼市までの南部地域,1971年岩手県久慈市から普代村までの北部地域を拡張。2011年東北地方太平洋沖地震に伴う津波により全域が大きな被害を受け,2013年青森県の種差海岸階上岳県立自然公園の区域を編入して現名称に改称された。北は青森県八戸市種差海岸から南は宮城県の気仙沼湾に及び,北上高地の北端に位置する階上岳一帯を含む。雄大な海食崖岩礁,屈曲の多いリアス海岸など変化に富んだ景観が特色である。公園域北端の蕪島ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定。岩手県の宮古湾以北は大規模な隆起海岸で,北山崎では 200mに達する大海食崖が続く。南部の宮古市浄土ヶ浜や蛸ノ浜(たこのはま)は,中生代白亜紀砂岩と礫岩の互層からなる。ここから南は沈水海岸で,湾入や島も多い。アカマツタブノキの自然林,シャクナゲなどの植生が著名。またオオミズナギドリヒメクロウミツバメクロコシジロウミツバメなどの鳥類も生息。海岸は,断崖の続く豪壮な北山崎(田野畑海岸),羅賀(らが),茂師(もし),日出島,崎山,浄土ヶ浜,魹ヶ崎山田湾,船越大島の千畳敷,三貫島,碁石海岸,唐桑半島気仙沼大島など景勝地が多い。唐桑半島と気仙沼の大島周辺海域の一部は,気仙沼海域公園地区に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんりくふっこう‐こくりつこうえん〔サンリクフクコウコクリツコウヱン〕【三陸復興国立公園】
青森・宮城の太平洋岸を占める国立公園。昭和30年(1955)陸中海岸国立公園として指定され、平成25年(2013)に青森県の種差(たねさし)海岸階上岳(はしかみだけ)県立自然公園を編入して現名称となる。平成27年(2015)には南三陸金華山国定公園を編入。海岸段丘リアス式海岸からなり、景勝地が連続する。蕪島をはじめ日出島・三貫島・椿島などは海鳥の繁殖地。
[補説]東日本大震災により被災した三陸地方復興に貢献するため編成・命名された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三陸復興国立公園
さんりくふっこうこくりつこうえん
東日本大震災被災地である三陸地域の復興に貢献するために2013年(平成25)5月に創設された国立公園。従来の陸中海岸国立公園に青森県の種差海岸階上岳県立自然公園(たねさしかいがんはしかみだけけんりつしぜんこうえん)(およびその周辺の一部地域)を編入・再編成して設定された。2015年には南接していた南三陸金華山国定公園(みなみさんりくきんかざんこくていこうえん)を編入した。面積930.37平方キロメートル(うち海域は645.00平方キロメートル)。青森・岩手・宮城の3県にまたがり、南北延長は約300キロメートルにおよぶ。自然環境の保護と快適な利用を推進することなどを目的とする自然公園法に基づいた従来の国立公園の役割に加え、自然の脅威を学び、人と自然のかかわり方を見つめ直す場を整備することなども取組内容に含まれている。近い将来、復興状況を鑑みながら、よりふさわしい公園名称を改めて検討することなども予定されている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三陸復興国立公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三陸復興国立公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.