Rakuten infoseek

辞書

三門【さんもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三門
さんもん
寺院特に禅宗寺院のをいう。涅槃 (ねはん) に入る門とされる空,無相,無作の三解脱 (げだつ) 門にたとえた。必ずしも3つの門がなくても三門と呼ぶ。三門の閣上には十六羅漢を安置し,中央には宝冠釈迦像脇侍に月蓋長者,善財童子を安置している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐もん【三門】
中央に大きな門を、左右に小さな門を配した門。
禅宗伽藍(がらん)の正門。古代寺院の中門に相当する。一般に二階造りの楼門で、楼上に釈迦・十六羅漢などを安置する。本堂を涅槃(ねはん)に擬し、そこに到達するために通る空・無相・無願の三解脱門に擬する。のちには智慧・慈悲・方便の三つに擬していう。
経典注釈に用いる三つの視点。未意・釈名・本文解釈の三つ。
の称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんもん【三門】
大きな門とその左右に連なる二つの小さな門の全体を一つの門としていう語。
障害を離れ悟りに至るための三種の門。智慧門・慈悲門・方便門。
教・律・禅のこと。
南大門・東大門・西大門の総称。
主に禅宗で、寺の本堂の前にある正門。重層で、普通、正面五間あるいは三間、上層に仏壇を設け、左右に山廊を付ける。禅宗では本堂を涅槃ねはんに擬し、そこへ入る端緒である空・無相・無作の三解脱門を象徴したものと解釈される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐もん【三門】
〘名〙
① 中央の大きな門と左右に連ねた二つの小さな門を一門としていう語。
② 南大門と東および西の二門の併称。
③ 仏語。
(イ) 寺の本堂の前にある門の称。本堂を涅槃(ねはん)に擬して、空・無相・無願の三解脱門にたとえていったもの。後には智慧・慈悲・方便の三つなどに擬する。→山門
※入唐求法巡礼行記(838‐847)三「院内大衆相送到三門外、捫涙執手別矣」 〔釈氏要覧‐上〕
(ロ) 経典注釈に用いる三つの視点。未意・釈名・本文解釈の三つ。
※入唐求法巡礼行記(838‐847)二「短音唱題目講師開経目、三門分別、述経大意、大経題目竟」 〔無量寿経連義述文賛‐上〕
(ハ) 教・律・禅の称。
※園太暦‐貞和元年(1345)七月二三日「就武家形勢、如三門使者問答、彌不事行之間」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.