Rakuten infoseek

辞書

三重結合【サンジュウケツゴウ】

デジタル大辞泉

さんじゅう‐けつごう〔サンヂユウケツガフ〕【三重結合】
原子間の結合が三つの共有結合からなるもの。-C≡C-(アセチレン結合)、-C≡Nシアン結合)など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんじゅうけつごう【三重結合 triple bond】
化合物の中の二つの原子が3個の共有結合で結ばれているとき,この結合を三重結合という。構造式では3本の線で表して,とくに二つの炭素原子間の三重結合-C≡C-をアセチレン結合という。この3個の共有結合は同等ではなく,1個のσ結合と,2個のπ結合からなる。π結合のため反応性が強く,不飽和性を示し,付加反応が起こり,酸化などの反応により三重結合のところで分子は切断されやすい。炭素原子の最外殻の電子配置は(2s)2(2px)(2py)であるが,(2s)2の電子対が解けて電子1個が空いている2pz軌道に昇位して(2s)(2px)(2py)(2pz)となり,さらに2s軌道と2px軌道がsp混成して,結合軸方向(x軸)で向きが180度異なる二つの混成軌道をつくる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんじゅうけつごう【三重結合】
二個の原子が三個の共有結合で結ばれていること。CCCN のようにアセチレンやシアン化物中に存在する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三重結合
さんじゅうけつごう
triple bond
共有結合の一様式。窒素分子の中の二つの窒素原子間の結合や、アセチレン(アルキンの一つ)H-C≡C-Hの炭素間の結合が代表例。この二つの炭素原子間の三重結合をアセチレン結合という。
 窒素原子の最外殻電子は(2px)1(2py)1(2pz)1の配置をもつが、二つの窒素原子は、それぞれpx、py、pzどうしが共有結合をつくるので、三つの結合が窒素原子核の間にできることになる。結合軸をz軸にとると、pzどうしの重なりからσ(シグマ)結合ができ、pyどうしとpzどうしからはπ(パイ)結合ができる。したがって、三つの結合はσ結合一つとπ結合二つからできていることになる。アセチレンの場合は、炭素原子のsp混成軌道からσ結合ができ、他の二つの結合は、炭素原子のpx、py軌道の重なりによるπ結合である。一般に三重結合の原子間距離は二重結合のそれより短く、また、炭素化合物における三重結合の反応性は高く、不安定である。[下沢 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんじゅう‐けつごう サンヂュウケツガフ【三重結合】
〙 化学結合の一つ。隣接する原子が三本の共有結合で結ばれたもの。構造式では三本線(≡)ないし三点(…)で表わす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

三重結合
サンジュウケツゴウ
triple bond

2原子が互いに三価の原子価によって結合している化学結合.アセチレン炭素原子間の結合C≡Cや,シアン化物イオンの炭素と窒素原子間の結合C≡Nなどがその例であり,結合はσ結合一つとπ結合二つからなっている.アセチレンの三重結合を図解すれば,

のように書くことができる.エタン(一重結合),エテン(二重結合),アセチレンの順に結合は強くなり,結合エネルギーはこの順に,348,607,828 kJ mol-1 と大きくなるが,三重結合は二重結合よりも不飽和性が大きいので,反応性も一般に大きくなる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三重結合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三重結合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.