Rakuten infoseek

辞書

三遊亭円朝【さんゆううてい えんちょう】

美術人名辞典

三遊亭円朝
落語家。三遊・本名出渕次郎吉。二代目円生門人。安政三年円朝と名のり真打となる。明治33年(1900)歿

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

さんゆうてい‐えんちょう〔サンイウテイヱンテウ〕【三遊亭円朝】
[1839~1900]初世。幕末から明治の落語家。江戸の人。本名、出淵(いずぶち)次郎吉。人情噺(ばなし)大道具・鳴り物入りで演じて人気を博したが、のち素噺(すばなし)に転向。近代落語の祖。代表作「真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)」「怪談牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」「塩原多助一代記」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんゆうていえんちょう【三遊亭円朝】
1839‐1900(天保10‐明治33)
落語家。本名は出淵(いづぶち)次郎吉。2代三遊亭円生門下の音曲師,橘屋(たちばなや)円太郎こと出淵長蔵の子として,江戸湯島切通しに生まれた。父と同じく円生門下となり,7歳のとき小円太と名のって初高座をつとめ人気者になったが,母親と義兄に芸人になるのを反対され,紙商兼両替商の葛西屋へ奉公に出た。しかし,病気になって帰宅し,改めて玄冶店(げんやだな)(現在の日本橋人形町あたり)の歌川国芳のもとで画家としての修業を積んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんゆうていえんちょう【三遊亭円朝】
(初世)1839~1900 落語家。江戸の生まれ。本名、出淵次郎吉。「牡丹灯籠」「真景累ヶ淵」「塩原多助」など芝居咄・怪談咄・人情咄を自作自演。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三遊亭円朝
さんゆうていえんちょう
[生]天保10(1839).4.1. 江戸
[没]1900.8.11. 東京
落語家。本名出淵 (いずぶち) 次郎吉。2世三遊亭円生の門下で,7歳のとき小円太と名のって初高座。のち奉公に出たり,浮世絵師一勇斎国芳の弟子になったりしたが,再び芸界に戻り,円朝と改名。若いとき道具入りの芝居噺で人気をとり,また河竹黙阿弥や仮名垣魯文と交わって三題噺を流行させた。明治に入り自作自演の素噺に転向し,『牡丹燈籠』『真景累ヶ淵 (かさねがふち) 』などの怪談噺や人情噺のほか,新聞種や実地調査に基づく『安中草三』や『塩原多助』,また G.モーパッサンなどの翻案物も口演した。明治新政府の要人や各界の名士と交わり,落語家の地位を向上させ,江戸落語を集大成するとともに後進を養成,また速記本の出版で,文学の言文一致運動に影響を与えるなど,功績は大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三遊亭円朝
さんゆうていえんちょう
(1839―1900)
落語家。本名出淵(いずぶち)次郎吉。2代三遊亭円生(えんしょう)門人の橘家(たちばなや)円太郎の子として天保(てんぽう)10年4月1日江戸・湯島に生まれる。父と同じ2代円生に師事し、7歳で小円太と名のって寄席(よせ)に出演したが、異父兄の臨済宗の僧玄昌の忠告で休席し、池の端の紙屋葛西(かさい)屋へ奉公したり、玄冶店(げんやだな)の一勇斎国芳(くによし)に浮世絵を学んだりした。また、玄昌の住む谷中(やなか)の長安寺に母と同居し、仏教の修学にも励んだ。これが後世における円朝の怪談噺(ばなし)創作に強く影響した。のち、やはり落語家で身をたてることにし、2代円生門に復帰、17歳のときに円朝と改名して場末回りの真打(しんうち)となった。くふうを重ねて道具入り芝居噺を演じ、自作自演でしだいに人気を獲得、1864年(元治1)26歳で両国垢離場(こりば)の昼席の真打となり、以後年とともに名声をあげ、三遊派の実力者となった。72年(明治5)弟子の円楽に3代円生を継がせ、道具噺の道具いっさいを譲り、自らは扇1本の素噺(すばなし)に転向した。
 多数の円朝の創作のなかで代表的なものは、『真景累ヶ淵(かさねがふち)』『怪談牡丹灯籠(ぼたんどうろう)』『怪談乳房榎(ちぶさえのき)』の長編怪談噺三部作をはじめ、芝居噺では『菊模様皿山奇談(きくもようさらやまきだん)』『緑林門松竹(みどりのはやしかどのまつたけ)』『双蝶々(ふたつちょうちょう)雪の子別れ』、伝記ものでは『後開榛名梅ヶ香(おくれざきはるなのうめがか)』(安中草三郎(あんなかそうざぶろう))、『塩原多助一代記』『月謡荻江一節(つきにうたうおぎえのひとふし)』、人情噺では『文七元結(ぶんしちもっとい)』『粟田口霑笛竹(あわたぐちしめすふえたけ)』『業平文治漂流奇談(なりひらぶんじひょうりゅうきだん)』『敵討札所(かたきうちふだしょ)の霊験(れいげん)』『霧隠伊香保湯煙(きりがくれいかほのゆけむり)』『熱海土産温泉利書(あたみみやげいでゆのききがき)』『政談月の鏡』『闇夜(やみよ)の梅』『松と藤芸妓(げいしゃ)の替紋(かえもん)』『操競女学校(みさおくらべおんながっこう)』『梅若七兵衛』、翻案ものでは『名人くらべ』『西洋 人情噺英国孝子(えいこくこうし)ジョージスミス之伝(のでん)』『松操美人(まつのみさおびじん)の生埋(いきうめ)』『欧州小説黄薔薇(こうしょうび)』『名人長二』などであり、『福禄寿(ふくろくじゅ)』など北海道で取材したものもある。このほか『鰍沢(かじかざわ)』『大仏餅(もち)』『黄金(こがね)餅』『死神』『心眼』『士族の商法』『にゅう』『笑い茸(たけ)』など多くの落し噺も口演しているが、彼の高座にはすべて聴く者の胸を打つような技巧と手法が考案されているので、いずれも人情噺的な性格を具備している。
 円朝は1891年(明治24)53歳のとき高座を退き、座敷専門の数年間を送った。98年に門弟支援のため高座に復帰したが、めぼしい寄席を巡回したのち発病し、明治33年8月11日下谷(したや)車坂町の自宅で没した。62歳。辞世として「目を閉ぢて聞き定めけり露の音」という句が伝えられているが、谷中の全生庵(ぜんしょうあん)にある墓碑には上五句が「聾(みみし)ひて」と改作されている。『累ヶ淵』『牡丹灯籠』などで描写した因果応報や輪廻(りんね)の思想を背景に、円朝が到達した解脱(げだつ)の境地がこの句に示されている。円朝は、怪談噺、芝居噺、人情噺、落し噺など江戸落語を集大成し、近代落語発展への道を開いたが、ことに人情噺という高度な話芸を完成して落語の次元を高めた功績は大きい。また、山岡鉄舟(てっしゅう)、井上馨(かおる)らとも親交し、落語家の社会的地位を向上させた。なお、2代目は1924年(大正13)に初代三遊亭円右(えんう)が襲名したが、高座に上らずまもなく病没した。[関山和夫]
『『円朝全集』全13巻(1928・春陽堂) ▽『三遊亭円朝全集』7巻・別巻1(1975~76・角川書店) ▽永井啓夫著『三遊亭圓朝』(1962・青蛙房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんゆうてい‐えんちょう【三遊亭円朝】
初世。落語家。本名出淵(いずぶち)次郎吉。江戸生まれ。二世三遊亭円生の門弟。一七歳で小円太から円朝と改名。二一歳のとき「真景累ケ淵」を創作。以後道具立芝居噺、怪談噺、人情噺を自作自演して人気を得る。のち、扇一本の素噺(すばなし)に転じた。「怪談牡丹灯籠」「塩原多助一代記」の速記本を出版し、明治の言文一致文体に大きな影響を与えた。中年以後は禅に傾倒し、話術を高め無舌の号を得た。「円朝全集」がある。天保一〇~明治三三年(一八三九‐一九〇〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三遊亭円朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三遊亭円朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.