Rakuten infoseek

辞書

三論宗【さんろんしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三論宗
さんろんしゅう
仏教の宗派名。『中論』『十二門論』『百論』の3論を所依として立宗したのでこの名がある。中国十三宗の一つ。高祖を文殊菩薩とし,次祖を馬鳴,三祖を龍樹とする。龍樹に2人の弟子があって2派に分れる。一つは龍樹-龍智-清弁-智光-師子光と伝え,一つは龍樹-提婆-羅ご羅多-沙車王子-羅什と伝える。羅什門下には俊才が輩出したが,そのなかの道生から曇済-道朗-僧詮-法朗-吉蔵と伝えられた。吉蔵によって大成したので,諸祖のなかで吉蔵を太祖とし,それ以前を古三論,あるいは北地の三論と称し,それ以後を新三論,または南地の三論と称した。吉蔵の弟子で高麗出身の慧灌が推古 33 (625) 年には日本に渡来し,初め飛鳥の元興寺に住したが,のちに井上寺 (いがみじ) を創建して三論宗を広め南都六宗の一つとして盛んになっていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんろん‐しゅう【三論宗】
三論典拠とする仏教の宗派。起源はインドで、思想を説く。鳩摩羅什(くまらじゅう)によって中国に伝えられ、末・唐初のころ、僧吉蔵が中国十三宗の一として完成。日本には推古天皇33年(625)、吉蔵の弟子慧灌(えかん)によって伝えられ、智蔵・道慈が入唐帰朝して、南都六宗の一となる。実践より思弁的要素が強く、平安時代以後衰退。空(くう)宗。中観宗。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんろんしゅう【三論宗】
普通には中国,日本の仏教宗派の一つとされる。インドからチベットへ流伝した中観派に対応するものとして,中国仏教においては三論学派があった。クマーラジーバ(鳩摩羅什)晩年の訳になる竜樹(ナーガールジュナ)の《中論》《十二門論》および提婆(だいば)の《百論》の三論を主として研究・講義し,またその哲学にもとづいて禅観を実践する学僧たちの学統である。クマーラジーバ没後,辺境地域に流散していた学統が南朝後半期に摂山棲霞寺を中心に再統合され発展せしめられ,つづいて隋の嘉祥大師吉蔵によって南北両系統の三論学の伝統が集大成された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんろんしゅう【三論宗】
南都六宗・中国十三宗の一。三論をよりどころとして、空くう・中道を説く。中国には晋代に鳩摩羅什くまらじゆうが伝え、隋の吉蔵が大成。日本へは625年高麗僧慧灌により伝えられ、奈良時代に盛んに研究された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三論宗
さんろんしゅう
中国仏教の一宗派(学派)で、日本にも伝わり南都六宗の一つに数えられる。『般若経(はんにゃきょう)』の空(くう)を論じた『中論』『百論』『十二門論』の三論に基づくのでこの名がある。無得正観(むとくしょうかん)(空にも有にもとらわれない八不中道(はっぷちゅうどう)を観ずること)、破邪顕正(はじゃけんしょう)(誤った見解、とらわれを打ち破り、正しい道理を顕(あらわ)すこと)を説く。『中論』『十二門論』はインドの龍樹(りゅうじゅ)、『百論』はその弟子提婆(だいば)の著作。いずれも401年に長安にきた鳩摩羅什(くまらじゅう)により漢訳され、門下に研究された。梁(りょう)代に僧朗がこれを江南に伝え、僧詮(そうせん)―法朗(ほうろう)―吉蔵(きちぞう)と受け継がれた。吉蔵は嘉祥大師(かじょうだいし)と称せられ、三論の注釈書『中論疏(しょ)』『百論疏』『十二門論疏』および『三論玄義』などを著して三論の教学を大成した。
 吉蔵に師事した高麗(こうらい)僧の慧灌(えかん)は625年(推古天皇33)に来朝し、元興(がんごう)寺に住して三論の教学を伝え、福亮(ふくりょう)、智蔵(ちぞう)らがこれを広めた。その後、大安(だいあん)寺派と元興寺派に分派した。平安朝以後は新興仏教に押され、学問研究は続いたが宗派としては衰微した。[丸山孝雄]
『平井俊榮著『中国般若思想史研究――吉蔵と三論学派』(1976・春秋社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三論宗
さんろんしゅう
南都六宗の一つ
中国の隋代に吉蔵 (きちぞう) が大成。一切皆空・破邪顕正を説く。インドの竜樹の『中論』『十二門論』,その弟子提婆 (だいば) の『百論』によるので三論という。日本では7〜8世紀ころ盛んに講究されたが,やがて衰えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三論宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三論宗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.