Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

三蔵法師【さんぞうほっし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三蔵法師
さんぞうほっし
経,三蔵に通達している高僧。中国では仏典翻訳に従事する僧侶朝廷から選ばれて三蔵法師を与えられたが,玄奘はそのなかでも著名なので,後代は三蔵法師といえば玄奘のことをさすようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんぞう‐ほうし〔サンザウホフシ〕【三蔵法師】
経・律・論の三蔵に精通した高僧。
唐の玄奘(げんじょう)の俗称。さんぞうほっし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんぞうほうし【三蔵法師 Sān zàng fǎ shī】
〈さんぞうほっし〉ともよむ。仏教聖典蔵・律蔵・論蔵のそれぞれに精通した人を,経師・律師・論師といい,三蔵のすべてに通暁した人を三蔵比丘・三蔵聖師といったが,とくに有名なのが三蔵法師の呼称であり,ときには略して単に三蔵と呼ぶこともある。一蔵に精通することでさえ事であるだけに,三蔵に通暁する法師というのは,きわめて尊敬をこめた意味であった。とくに中国では,インド,西域から仏典をもたらし,漢訳に従事した人々を尊称して訳経三蔵あるいは三蔵法師と呼ぶことが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんぞうほうし【三蔵法師】
経・律・論の三蔵に通じた学僧。
○玄奘げんじようの尊称。さんぞうほっし。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三蔵法師
さんぞうほうし

三蔵(経(きょう)蔵、律(りつ)蔵、論(ろん)蔵)を伝訳した僧。インド、西域(せいいき)の仏典を将来し、これを翻訳した人を訳経三蔵というが、これも三蔵法師の別称とみてよい。古来、三蔵法師といえば玄奘(げんじょう)三蔵の代名詞のごとく使われるのは、玄奘こそ中国最大の翻訳僧であるからにほかならない。

[岡部和雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんぞう‐ほうし サンザウホフシ【三蔵法師】
[1] 〘名〙
① 仏語。経蔵・律蔵・論蔵の三蔵に精通した高僧。
※正法眼蔵(1231‐53)佗心通「三蔵法師のたやすく見及すべきにあらず」
② 仏典の翻訳に従事したすぐれた僧の呼称。特に、唐の玄奘(げんじょう)を指す場合がある。
※今昔(1120頃か)七「三蔵法師(さんざうほふし)・不空を以て惣講師と為り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

三蔵法師
さんぞうほうし

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三蔵法師」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三蔵法師の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.