Rakuten infoseek

辞書

三省六部制度【さんしょうりくぶせいど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三省六部制度
さんしょうりくぶせいど
San-sheng liu-bu zhi-du; San-shêng liu-pu chih-tu
中国,の中央官制のかなめの機構。中書 (隋では内史) ,門下,尚書省を三省といい,尚書省の,戸,,兵,,工6部局を六部という。三省の長官宰相となり合議して政策決定を行い,中書は詔勅の起草,門下がその審査にあたり,尚書六部が行政を轄した。この機構は六朝時代を通じ貴族制のもとで発達したもので,唐後期には三省分立は名目化し,明以後は六部皇帝に直属した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三省六部制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三省六部制度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.