Rakuten infoseek

辞書

三男【サンナン】

デジタル大辞泉

さん‐なん【三男】
三人の息子。
兄弟のうち3番目の男子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐なん【三男】
〘名〙
① 三人の男子。
※太平記(14C後)一六「伊弉諾(いざなぎ)・伊弉冉(いざなみ)の二の尊、遂妻神(めかみ)(を)神と成て天の下にあまくだり、一女三男(さんナン)を生給ふ」 〔後漢書‐折像伝〕
② 三番目のむすこ。
※中院本平家(13C前)一「其外に中御門の藤中納言家成卿の三なん、新大納言成親卿も」
③ (「夷三郎」というところから) 七福神の一つの恵比寿(えびす)をしゃれていう語。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)三「あまりうろたえ三男をうばひ取」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三男」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三男の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.