Rakuten infoseek

辞書

三田【みた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三田
みた
東京都港区中部の地区。地名の由来は,平安時代より朝廷伊勢神宮へ献上する米を栽培した水田を「御田 (みた) 」と呼んだことによる。江戸時代武家屋敷社寺町屋の発達したところで,外国公館,高級住宅,寺院が多い。慶應義塾大学があり,近年はオフィスビルもふえている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんだ【三田】
兵庫県南東部の市。江戸時代は九鬼氏の城下町。三田米・三田牛マツタケの産地。北摂ニュータウンがある。人口11.4万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みた【三田】
東京都港区の地名。慶応義塾大学がある。
慶応義塾大学の通称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みた【三田】
東京都港区中部の地名。武蔵野台地の末端部に当たり,現在1~5丁目に分かれる。《和名抄》に御田郷の名があり,地名の由来は,屯倉(みやけ),また伊勢神宮あるいは御田八幡領の御田があったことによるという。三田の名の史料的初出は1524年(大永4)の〈北条氏綱安堵状〉である。近世には久留米藩有馬家上屋敷,島原藩松平家下屋敷など大名屋敷が多く,その間をぬって虎の門から品川宿へ通じる往還沿いの町並み化が進み,一部は1662年(寛文2)に代官・町奉行両支配となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんだ【三田】
兵庫県中東部の市。近世、九鬼氏の城下町。三田米・三田牛・マツタケを特産。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みた【三田】
東京都港区の地名。高台と旧海岸沿いの低地からなる。慶応義塾大学や各国大使館がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔東京都〕三田(みた)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三田
みた
東京都港区中央、山手(やまのて)・京浜東北線田町駅西方の地区。平安時代は現在より広い地域をいい、御田と記し、朝廷もしくは伊勢(いせ)神宮へ貢を献ずる水田であったのが地名の由来という。山手台地のなかで一段低い台地上にあり、古代に奥州路、中世に鎌倉街道が通じていた。福沢諭吉が鉄砲洲(てっぽうず)(中央区)に開いた塾を芝に移し、さらに1871年(明治4)この地に移し慶応義塾大学として発展した。南部の旧街道沿いには寺が多く、北部にはオーストラリア、イタリア大使館や、一角に武家屋敷の長屋が残る綱町三井倶楽部(つなまちみついくらぶ)がある。[沢田 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんだ【三田】
兵庫県南東部の地名。古くから金心寺(こんしんじ)の門前町として開け、江戸時代は九鬼氏三万六千石の城下町。良質の酒造米、松茸、三田牛の産地。また、JR福知線、神戸電鉄が通じ、住宅都市化が進む。昭和三三年(一九五八)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みた【三田】
[一] 東京都港区の地名。武蔵野台地の東端にある。江戸時代は大名屋敷・寺社・町家が多かった。外国公館・高級住宅が集まり、慶応義塾大学がある。
[二] (本部が東京都港区三田にあるところから) 慶応義塾大学の俗称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三田の関連情報

他サービスで検索

「三田」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.