Rakuten infoseek

辞書

三田尻御殿【みたじりごてん】

防府市歴史用語集

三田尻御殿
 三田尻御茶屋[みたじりおちゃや]の別名で、毛利重就[もうりしげたか]が藩主をしりぞいた後に移り住んでいた時、建物を大きくして改築していたことからこう呼ばれます。三田尻御茶屋は、1654年、毛利綱広[もうりつなひろ]によって、藩主の休息施設として建てられたもので、何度か改築が行われながら、現在まで残っています。毛利重就の法名から「英雲荘[えいうんそう]」とも呼ばれています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三田尻御殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三田尻御殿の関連情報

他サービスで検索

「三田尻御殿」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.