Rakuten infoseek

辞書

三田(さんだ)うど

デジタル大辞泉プラス

三田(さんだ)うど
兵庫県三田市で生産されるウド。やや赤みがかり、上品な香りがあり歯ざわりがよい。大正期に地域産業振興のため当地にウド作りが導入された。品種は「有馬3号」。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

三田うど[根菜・土物類]
さんだうど
近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
三田市で生産されている。うどは、日本原産の植物。昔から薬草として用いられた。兵庫県でのうど栽培は、1916(大正5)年に導入された。昔ながらの栽培技術を継承し、農薬を使わない栽培方法にこだわりをみせる。ひょうごの伝統野菜。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三田(さんだ)うど」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三田(さんだ)うどの関連情報

他サービスで検索

「三田(さんだ)うど」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.