Rakuten infoseek

辞書

三段目【さんだんめ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三段目
さんだんめ
相撲の番付の上から三目の地位雪駄を履くことが許される。定員は 200人。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんだん‐め【三段目】
浄瑠璃の3番目の段。五段からなる1曲を通じて最も重要な部分とされる。
《番付の三段目に書かれることから》相撲で、幕下の次位、序二段上位

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんだんめ【三段目】
相撲の番付で、幕下の下、序二段の上の地位。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんだん‐め【三段目】
〘名〙
① 五段形式の浄瑠璃の第三番目の段。一曲中もっとも重要な語り場。ほとんど義理と人情のからみ合った悲劇的場面が設けられる。転じて、大切なところ。肝要なこと。悲劇的なこと。
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)上「序の始まりは籬が役、肝腎の三段目は、取付け引付おっしゃれや」
② 歌舞伎下座音楽の一つ。時代狂言で早間のせりふや急速な人物の出入りに用いる合方で、大小鼓を打ちはやす。三段目合方。
③ 相撲で、力士の階級を示した番付けの三段目に名をのせられた力士。幕下の次位、序二段の上。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉五四「此間は三段目の角力(すまふ)を投げたなどと賞められましたから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三段目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三段目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.