Rakuten infoseek

辞書

三武一宗の法難【さんぶいっそうのほうなん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三武一宗の法難
さんぶいっそうのほうなん
中国仏教史上,4人の皇帝によって仏教が受けた迫害。 (1) 北魏太武帝の迫害。太平真君7 (446) 年から7年間にわたって経典,仏像が破壊焼却され,僧侶生埋めにされた。 (2) 北周武帝の迫害。建徳2 (573) 年から5年間にわたって仏教,道教の2教を廃止し,僧侶,道士を還俗させた。 (3) 唐武宗の迫害。会昌5 (845) 年に若干の寺院と僧侶 30名のほかすべて廃止,還俗させたが,翌年帝の死によって復興した。 (4) 後周世宗の迫害。顕徳2 (955) 年に仏教教団を粛清し,統合整理した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんぶいっそうのほうなん【三武一宗の法難】
中国に仏教が伝来してから,何度か国家権力による仏教迫害がなされたうち,(1)北魏の太武帝,(2)北周の武帝,(3)唐の武宗,(4)後周の世宗による廃仏,つまり三武一宗の4皇帝治下での迫害が激甚をきわめたので,これを仏教側では三武一宗の法難と呼んでいる。第1回の道教皇帝ともいうべき太武帝による〈魏武の法難〉は446年(太平真君7)から7年間にわたって仏教弾圧がなされた。第2回目の〈周武の法難〉は574年(建徳3)と577年の2回にわたり,このときは文武百官を集めて儒・仏・道の三教の優劣を論じさせたのち,仏教のみならず道教も廃された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三武一宗の法難
さんぶいっそうのほうなん
中国仏教史上、北魏(ほくぎ)の太武帝、北周の武帝、唐の武宗(以上、三武)と後周(こうしゅう)の世宗(一宗)によって断行された仏教弾圧事件を仏教側からよんだことば。
(1)北魏の廃仏(446~452) 鮮卑(せんぴ)族出身の太武帝は漢人官僚崔浩(さいこう)と道士寇謙之(こうけんし)の影響を受けて道教に傾斜していき、とくに崔浩の方針を採用して、華北一帯の寺院堂塔の廃毀(はいき)、僧尼の還俗(げんぞく)、仏像経巻の焼却などを強行した。
(2)北周の廃仏(574~578) 武帝は隣国北斉(ほくせい)に対する臨戦体制を整える過程において、還俗僧衛元嵩(えいげんすう)らの提言をいれ、仏教と道教の廃棄を決定し、寺院は没収、300万の僧は軍民に編入された。弾圧は主として仏教に向けられ、これに死をもって抗議する僧もいたが、577年には、滅ぼした北斉の旧領内にも適用し、その結果、華北の仏教は大きな打撃を受け、末法思想が広まっていった。
(3)唐の廃仏(845~846) 通称「会昌(かいしょう)の廃仏」。道教に傾倒した武宗は、趙帰真(ちょうきしん)元起(とうげんき)・劉玄靖(りゅうげんせい)ら道士の提言をいれ、徐々に仏教教団に対する統制を強化し、ついには会昌5年(845)、国家祭祀(さいし)に必要な最小限度の寺院と僧尼を残して、その他の寺院の廃毀と財産没収、僧尼の還俗を断行した。
(4)後周の廃仏(955~959) 世宗は唐以来行われてきた仏教管理政策を再確認して、無額の寺や私度(しど)の僧尼を整理した。この廃仏は前3回の廃仏とは異なり、全国で2694の寺院と6万余の僧尼が改めて登録されるなど、根本的な廃仏ではなかった。
 4回の廃仏に共通している点は、僧尼という非生産人口の増加と寺院荘園(しょうえん)の拡大が国家の財政運営上大きな問題となったことである。また、後周を除く三廃仏では、儒教を基本としたうえでの道教・仏教両勢力の角逐が認められる。[佐藤智水]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三武一宗の法難」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三武一宗の法難の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.