Rakuten infoseek

辞書

三木【サンボク】

デジタル大辞泉

さん‐ぼく【三木】
古今伝授の中の3種の木。ふつう「おがたまの木」「めどにけずりばな」「かわなぐさ」をいうが、諸説あって一定しない。→三鳥
罪人の手・足・首にはめる木製の刑具。
生け花で、草物(くさもの)は除き、木だけを3種使うこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みき【三木】[地名]
兵庫県南部の市。室町時代には別所氏城下町江戸時代から金物業が発達し、大工道具園芸用具などの製造が盛ん。平成17年(2005)10月、吉川を編入。人口8.1万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みき【三木】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんぎ【三木】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんぼく【三木】
古今伝授中の三種の木。異伝があるが、普通、小賀玉おがたまの木・蓍めどに削り花・川菜草をいう。
生け花で、立花の主要な花材である松・檜ひのき・伊吹いぶき

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みき【三木】
兵庫県南部の市。中世末期、別所氏の城下町。刃物などの三木金物で知られる。
香川県東部、木田郡の町。讃岐平野南東部に位置し、西は高松市に接する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みき【三木】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐ぎ【三木】
〘名〙 新潟県、岩手県などで、死者を埋葬した土の上に木、竹を三本くくり合わせて下をひろげて立てたものをいう。かまやくわ、小石などをその中心につり下げる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さん‐ぼく【三木】
〘名〙
① 鳥居を構成する三本の横木。
※神道集(1358頃)一「鳥居には二柱三木之有〈略〉三木とは、笠木、貫木、嶋木とて三木有。此即戒定恵の三木と云なり」
② 古今伝授(こきんでんじゅ)の中の三種の木。普通、「をがたまの木」「めどにけづり花」「かはな草」をいうが、諸説があって一定しない。「をがたまの木」「さがりごけ」「かはな草」とも、「相生(あいい)の松」「めどにけづり花」「をがたまの木」とも、また、「をがたまの木」「とし木」「めど木」ともいう。
※詠太神宮二所神祇百首和歌(1468頃)「御賀玉の樹のこと。古今集には榊のことには有らず、別の木を云ふか。三木の一也」
③ 華道で、いっしょに生けることをきらう松・杉・椿の三種の木。また、草物(くさもの)は除き、木だけを三種用いること。立花では、松・伊吹・檜をいう。〔仙伝抄(1445)〕
④ 罪人の首と手と足とにはめる木製のかせ。〔漢書‐司馬遷伝〕
[語誌](②について) 「古今和歌集」中の三つの木花草として「三鳥」とともに特定され、「三木三鳥」とも称されて、室町時代の秘伝教説の代表とされていた。何を三木とするかについては、流派ごとに異同がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みき【三木】
[一] 兵庫県南中部の地名。播磨平野の東部、加古川の支流美嚢(みのう)川の流域にある。江戸時代から、のこぎり・のみ・かんななどの大工道具を主とする金物の家内工業で知られる。昭和二九年(一九五四)市制。
[二] 香川県の東部にあった郡。古くは御木・美貴とも書いた。明治三二年(一八九九)山田郡と合併して木田郡となる。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みき【三木】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.