Rakuten infoseek

辞書

三木竹二【みきたけじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三木竹二
みきたけじ
[生]慶応3(1867).9.5. 石見
[没]1908.1.10.
劇評家。本名森篤次郎。小説家森鴎外の実弟。 1891年東京医科大学卒業,内科医をつとめる。かたわら学生時代より三木竹二の名で歌舞伎劇評に筆をとった。 1900年安田善之助の出資で創刊された『歌舞伎』を主宰し編集にあたる。従来の役者評判記の見巧者的な態度を排し,型の記録や合評などの新しい形式,内容をもつ劇評を行い,近代批評の基礎を築いた。一方,小山内薫ら後進の育成指導にも尽力した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みき‐たけじ【三木竹二】
[1867~1908]劇評家島根の生まれ。本名、森篤次郎。森鴎外の弟。雑誌「歌舞伎」を創刊・主宰。演劇評論、海外の演劇紹介などに活躍した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

三木竹二 みき-たけじ
1867-1908 明治時代の演劇評論家。
慶応3年9月5日生まれ。森鴎外(おうがい)の弟。東京で内科医を開業。かたわら歌舞伎を研究し,鴎外の「しからみ草紙」などに劇評をのせる。明治33年「歌舞伎」を創刊。役者評判記の域をこえた近代劇評の型を確立した。明治41年1月10日死去。42歳。石見(いわみ)(島根県)出身。帝国大学卒。本名は森篤次郎(とくじろう)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みきたけじ【三木竹二】
1867‐1908(慶応3‐明治41)
劇評家。本名森篤次郎。森鷗外の弟。東京医科大学を卒業してのち,開業医になったが,早くから演劇への関心深く,鷗外と協力して西欧戯曲を翻訳,1892年には雑誌《歌舞伎新報》の編集に加わり,1900年からは雑誌《歌舞伎》(第1期)を主宰刊行した。俳優の演技を克明に記した〈型〉の著述と,穏健適切な劇評によって,劇界に大きく貢献している。【松井 俊諭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みきたけじ【三木竹二】
1867~1908) 劇評家。島根県生まれ。本名、森篤次郎。帝国大学医科大学卒。森鷗外の弟。「歌舞伎新報」の編集に加わり、のち雑誌「歌舞伎」を主宰創刊。特に、歌舞伎の型の研究に功があった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みき‐たけじ【三木竹二】
演劇評論家。島根県出身。本名森篤次郎。森鴎外の弟。「歌舞伎」を創刊して、主宰。劇評、型の研究、外国演劇の紹介に努めた。慶応三~明治四一年(一八六七‐一九〇八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三木竹二」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三木竹二の関連情報

関連キーワード

カナダイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵孝明天皇徳川慶喜明治天皇王政復古(日本)グリーグ徳川慶喜バラーキレフ

他サービスで検索

「三木竹二」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.