Rakuten infoseek

辞書

三月節供【さんがつせっく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三月節供
さんがつせっく
3月3日の行事。五節供の一つで,上巳,桃の節供雛祭ともいう。雛人形を飾り,桃の花や菱餅を供えて白酒で祝う女児の行事。本来はこの日は神送りの日で,人形を神の形代 (かたしろ) とみなし,節供がすむと,家々では手作りの人形を川や海に流していた。江戸時代の『嬉遊笑覧』には,神奈川県下で三月節供に古雛を川に流し,女の子が白酒を汲み,泣いて別れを惜しむ習俗があったと伝えられ,紀州の淡島神社では,今日もこの日に雛人形流しが行われる。またこの日に磯遊び (→浜降り ) とか山遊びとかいって,海や山野に出かけて一日を過ごす習俗があり,この日がもと神事の日であったことを物語っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんがつせっく【三月節供】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三月節供
さんがつせっく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三月節供」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三月節供の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.