Rakuten infoseek

辞書

三弦【さんげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三弦
さんげん
san-xian
中国,日本の弦楽器名。古くは三絃とも書く。日本では一般に三味線というが,地歌,箏曲では (演奏会プログラムなど) 三という場合が多い。中国では元末 (14世紀中頃) に俗楽器として現れた。イスラム系の楽器 (トルコ系のクーブーズ,中国名火不思かイランのセタール) と中国固有の奚琴 (けいきん) ,阮咸 (げんかん) の類の融合したもの。戯劇,俗曲などに広く用いられ,胡琴 (胡弓) ,琵琶とともに中国の代表的俗楽器となって今日に及んだ。北方のは大きく長く (110cm) ,南方のは小さく短い (90cm) 。絃子,南絃子などともいう。蛇皮 (じやび) を張るので,日本人は蛇皮線と呼ぶ。沖縄の皮線は明代に中国から渡った。人差指か,爪 (義甲) で弾く。平調 (ファ- ) ,月調 (ソ- ,日本の二上り ) ,反調 (レ-ソ- ,日本の本調子 ) などに調弦する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐げん【三弦/三×絃】
三味線別名地歌箏曲(そうきょく)では正称とされる。
中国の弦楽器。外形は日本の三味線に似るが胴の両面には蛇の皮を張り、人差し指の指頭または義甲で弾く。琉球に伝来して三線(さんしん)となり、さらに日本本土に渡って三味線となった。弦子。三弦子。
雅楽で使う3種の弦楽器。琵琶箏(そう)和琴(わごん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんげん【三弦 sān xián】
中国のリュート属撥弦楽器。弦子ともいう。起源に関しては諸説があるが,確定した説はない。名称が明代の文献に見られ,16世紀以後に誕生した。構造は,裏表両面に蛇皮を張った木の胴に長い棹をさし込み3本の弦を張る。棹にフレットはない。音高は固定してはおらず,一般に最低音は〈れ〉から〈そ〉の間で,最高音は〈そ〉から〈ソ〉である。調弦は,4度,5度の音程に基づいて一般に次の3種が行われている。すなわち(1)硬中弦 ドソド(オクターブ上のド),ソレソ,レラレなど日本の三味線でいう二上がり。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三弦
さんげん
中国、日本のリュート型撥弦(はつげん)楽器。三絃とも書く。中国の三弦は弦子ともいい、全長約90~120センチメートルで、丸みを帯びた胴と長い棹(さお)をもつ。3本の弦は絹製。外形は日本の三味線(しゃみせん)に近いが、胴の両面には蛇の皮を張り、人差し指の指頭、あるいは指先につけた義甲で演奏する。調弦法にはいろいろあるが、下から5度、4度(三味線の二上り)、または4度、5度(三味線の本調子)にとることが多い。音色は三味線より太く、重い。この三弦が日本に伝来し、沖縄の三線(さんしん)や日本本土の三味線の祖となった。日本では、通常三味線の別称として用いられるが、ときには雅楽で用いる3種の弦鳴楽器(和琴(わごん)、楽箏(がくそう)、楽琵琶(がくびわ))の総称として使用されることもある。なお、同様な命名として興味深いのは、イランの古典音楽で用いられるセタールというリュート型撥弦楽器である。これは、ペルシア語で「三弦」を意味する。現在はドローン弦が付加されて4弦になっているが、主要弦は3本であり、機能上、今日もなお三弦の性格を保っている。[卜田隆嗣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三弦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三弦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.