Rakuten infoseek

辞書

三嶺【さんれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三嶺
さんれい
三嶺」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三嶺
みうね
三嶺」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三嶺
みむね
徳島県西部の三好市高知県北東部の香美市の境にある山。「さんれい」「みうね」ともいう。標高 1894m。頂上は準平原状の平坦な地形で,眺望がよく,登山者が多い。剣山国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みうね【三嶺】
《「さんれい」「みむね」とも》高知県と徳島県の県境、四国山地中央部にある山。高知県香美(かみ)市物部(ものべ)町と徳島県三好(みよし)市東祖谷(ひがしいや)の境に位置する。標高は1893メートルで、高知県の最高峰。付近一帯は原生林に近い状態で残されている。剣山国定公園に属する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんれい【三嶺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本の地名がわかる事典

〔徳島県(高知県)〕三嶺(さんれい)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔徳島県(高知県)〕三嶺(みうね)

徳島・高知県境にあり、剣(つるぎ)山地西部に位置する山。標高1893m。山頂では瀬戸内海から土佐(とさ)湾まで望める。山腹ササコメツツジ群落が点在する。剣山国定公園に含まれる。「さんれい」「みむね」とも読む。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔徳島県(高知県)〕三嶺(みむね)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三嶺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三嶺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.