Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

三島暦【ミシマゴヨミ】

デジタル大辞泉

みしま‐ごよみ【三島暦】
室町時代から江戸時代にかけて伊豆三島神社(三嶋大社)が発行した仮名暦。江戸時代には幕府が伊豆・相模の2国にのみ頒布を許可した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みしまごよみ【三島暦】
現在の静岡県三島市の河合家から行されていた。河合家は古く8世紀の終りごろ山城国より三島に下ってきており,その子孫が代々暦を頒行した。暦頒行がいつからであるかは不明であるが,地方暦としての歴史はもっとも古いと考えられ,ことに摺(すり)暦としては最古であることは,京都において三島暦ということばが,印刷された暦の代名詞に使われていたことにより知られる。貞享改暦以後は伊豆1国で,後に伊豆,相模の2国でのみ販売を許された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

みしま‐ごよみ【三島暦】
〘名〙 室町時代、応安年間伊豆国(静岡県)の三島神社の川合氏で発行した、きわめて細かな仮名で記した暦。江戸時代には幕府の許可を得て、伊豆・相模(神奈川県)の二国に行なわれた。また、こまごました文字でくどくどと書いたもののたとえにも用いる。三島摺暦。
※空華日用工夫略集‐康略元年(1379)三月四日巻末追抄「三島暦、以是日上巳節、故作詩記之」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三島暦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三島暦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.