Rakuten infoseek

辞書

三峡ダム【さんきょうダム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三峡ダム
さんきょうダム
Three Gorges Dam
中国のチャン(長)江中流の景勝地サン(三)峡にある世界最大級のダム。フーペイ(湖北イーチャン(宜昌)特別市西部に位置する。2009年完成。重力式コンクリートダム(→重力ダム)で,堤高 185m,堤長 2335m,総貯水量 393億m3,年間平均発電量 847億kWh,総発電容量 2250万kW。三峡のダム建設は 1920年代に中国国民党内で検討が始まり,1955年には具体的な計画の策定が始まった。電力供給に加え,洪水抑止と内陸交易の活性化がうたわれたが,決壊時の被害の大きさ,120万~190万人とみられた住民の立ちのき,名勝や文化財・遺跡の多くが水没することなどを理由に慎重論が強かった。しかし 1991年夏の長江流域の大水害が契機となって早期着工の意見が強まり,1992年正式に建設が決定,1994年正式着工。完成を前に 2003年貯水と発電が始まった。2006年堤体本体が完成。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

三峡ダム
景勝地・史跡として名高い長江の三(瞿塘峡・巫峡西陵峡)をせき止め、多くの住人強制退去させて建設される世界最大の多目的ダム。建設計画は1992年の全国人民代表大会で出席者投票数の3分の2を辛うじて上回る票数で可決され、94年12月に着工した。総貯水量393億立方メートル(高さ185m、長さ2309m)、年間発電量847億kWh(キロワット時)で、強制移動人口は130万といわれる。しかし2009年の完成を前に、ますます深刻になってきているごみの処理、自然環境や生態系破壊につながる問題などが山積している。米国は対中国融和政策をとったクリントン前政権でさえ、三峡ダムは安全保障上も危険だとして、国家安全保障会議(NSC)が米国企業の建設工事参入を禁じた。06年5月、ダム本体は完成した。全計画の完成は09年の予定だが、依然として問題が多い。
(中嶋嶺雄 国際教養大学学長 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

大辞林 第三版

さんきょうダム【三峡ダム】
中国湖北省の長江中流域の三峡に建設中の世界最大級の水力発電能力をもつ多目的ダム。1993年着工。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三峡ダム
さんきょうだむ
長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう))上流の景勝地である三峡に建設された多目的の重力式コンクリートダム。建設計画は1919年に孫文(そんぶん/スンウェン)が提唱し、新中国建国後、毛沢東(もうたくとう/マオツォートン)が推進した。1950年代にソ連の援助で現地調査が行われたが、その後の文化大革命などで政治、社会の混乱が続き着工が大幅に遅れた。1992年4月の第7期全国人民代表大会で正式に着工が決まり、翌1993年に建設が開始され、2009年に完成した。堤高185メートル、堤長2309メートル、総貯水量約400億立方メートル、年間平均発電量は約850億キロワット。建設のために立ち退いた住民の数は約130万人とされる。計画当初の総予算は570億元であったが、その後、工事費などが膨らみ約1800億元に達した。内陸部の電力の確保、洪水の防止、長江上流への大型船舶の航行を可能にするなどの利点があるが、文化財・遺跡の多くが水没したことや、地域の生態系への影響など多く問題が指摘されている。[矢板明夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三峡ダム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三峡ダムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.