Rakuten infoseek

辞書

三宅石庵【みやけ せきあん】

美術人名辞典

三宅石庵
正名。儒者、大阪懐徳堂教授。享保15年(1730)歿、66才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

三宅石庵 みやけ-せきあん
1665-1730 江戸時代中期の儒者。
寛文5年1月19日生まれ。三宅観瀾(かんらん)の兄。浅見絅斎(けいさい)に師事。享保(きょうほう)9年門下生がひらいた大坂懐徳堂の初代学主となる。その学は朱子学,陽明学の折衷で,鵺(ぬえ)学問と評された。書家としても名だかい。享保15年7月16日死去。66歳。京都出身。名は正名。字(あざな)は実父。通称は新次郎。別号に万年。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みやけせきあん【三宅石庵】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

三宅石庵 (みやけせきあん)
生年月日:1665年1月19日
江戸時代中期の儒学者
1730年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三宅石庵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三宅石庵の関連情報

他サービスで検索

「三宅石庵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.