Rakuten infoseek

辞書

三宅寄斎【みやけ きさい】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

三宅寄斎 みやけ-きさい
1580-1649 江戸時代前期の儒者,茶人。
天正(てんしょう)8年1月1日(12日とも)生まれ。父は堺五奉行のひとり。京都大徳寺でまなび,藤原惺窩(せいか)に兄事した。諸侯にまねかれ,後陽成(ごようぜい)天皇,後水尾(ごみずのお)天皇にも進講。茶は宗旦(そうたん)四天王のひとりにかぞえられ,香,花もよくした。慶安2年6月18日死去。70歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。名は島。字(あざな)は亡羊

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

367日誕生日大事典

三宅寄斎 (みやけきさい)
生年月日:1580年1月1日
江戸時代前期の儒者
1649年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三宅寄斎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三宅寄斎の関連情報

関連キーワード

アビス朝一向一揆キリシタン関係主要人名チャールズチャールズ[1世]木下長嘯子ビジャヤナガル王国チャールズサベジチャールズ1世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.